2017_03
22
(Wed)12:00

HAPPY BIRTHDAY ANNIE (^^♪

Pn3q3m6KPUv8jF61490151709_1490151724.jpg



今日はアニーの12歳のお誕生日! 

今日の日までずっと私のそばにいてくれたことに感謝の気持ちで一杯です。
これからも元気で、ともに一日一日を楽しく過ごせていけるよう
強く願っています。


愛おしい愛おしいアニー

本当におめでとう!


スポンサーサイト
2017_03
21
(Tue)10:56

ワンズに費やす時間

穏やかに晴れた3連休でしたが
父ちゃんを除いては
みな、至ってのんびりと過ごせた毎日でした。


13_kZnQ_2q6CVTw1490054720_1490054745.jpg
冬の衣類はもう必要ないね



リビング~キッチンに敷き詰めた
汚れていたマットを洗ったり
ワンズの冬コートや服を洗ったり
ふだん、手を付ける気持ちが起こらないことにも
やる気が沸き起こった私でした。 

それって
やっぱり身体が春を感じてアクティブに活動しようと
しているからなのかなぁ~?

ははっ  いつまで続くことか・・・  


父ちゃんが休みの日はアニー&ヴィクターはそれぞれ
女の子(オバサン?)チームと男の子(オッサン?)チームに分かれて
散歩に出かけるので
アニーは実に自由気ままに臭いをかいだり
おやつを食べたりと
とってものんびりゆったりと牛歩ペースで
私との散歩を楽しむ事が出来るのですね。



Pq8SoIBeC2dKlN61490054927_1490055019.jpg
ゆっくりゆっくりで良いよ


F8cnSR1sAuSbSAK1490055078_1490055185.jpg
ふふ、ママと二人きりは楽しいね!



スローペースでご機嫌なアニーとは対照的なヴィクターは
何度も私とアニーの方を振り返りながら
しぶしぶ父ちゃんに引っ張られながら
別コースへ去っていくのです。


khM_81x36q0JUlv1490075154_1490075555 (1)
そこまで父ちゃんの事嫌がらなくてもいいんじゃない?


ヴィクターにとって週末や祝日は
実は面白くない日なのかもしれないけど
毎日、ヴィクターの散歩に費やしている時間の方が
はるかに多いんだから我慢がまん!

アニーと一対一の散歩が出来る
とっても貴重な時間なんだから・・・ 
大切にして行かなきゃね。


**********     **********     **********     


話変わりますが
ちょっと面白い発見がありました。

先日、娘にヴィクターによく似ている犬をみつけたと。

それがこれ


Z5cK91Tfye05Po31490096690_1490096861.png


似てるでしょう?

「フランダースの犬」のモデルとなったブービエ・デ・フランダースと言う犬種。
このような色合いでいるとは知らなかったのですが
なんだか若いころのヴィクターに似ていて思わず笑ってしまいました。

若いころはヴィクターのマズル周りが濡れると黒っぽくなって
泥棒フェースになっていましたが
そんな泥棒フェースの頃のヴィクターによく似ていて
ちょっと驚きです。


こんな珍しい犬種の血統がヴィクターに入っているなんて
あり得ないのですが
ここまで似ていると
ちょっぴり身近な犬種に感じるね。 




2017_03
14
(Tue)00:04

思い出し泣き

昨日、ヴィクターと夕方の散歩の時
マルチーズ風のミックス犬を連れた奥様に出会いました。
以前、シーズーのようなテリア風のワンコを連れておられた方で、
久しぶりにお会いしたのです。

連れておられたワンコが変わっていたので
どうしたのかと尋ねた途端

一気に泣かれてしまいました。 

以前飼われていたワンコは
17歳で亡くなって、もう直ぐ一年近くになるとか。。。

そのワンコは毛色と雰囲気がどことなくヴィクターに似ていて、
その奥様はヴィクターの事をとても気に入って下さっていました。
それがこの一年近く、ペットロスが酷くて
家から出られなかったと話され
そのワンコの事を何気に尋ねたことを申し訳なく感じました。



NWuw21qi1XEGhN_1489457024_1489457170.jpg
ボク悪いことしたのかな?


軽く尋ねてしまったことを後悔し
何度も謝ったのですがしばらく奥様の涙は止まりませんでした。 

ヴィクターを見た途端に生前の頃のワンコを思い出してしまい
悲しみと寂しさが抑えられなかったのでしょうね。

新たなワンコを家族に迎え
最近ようやく外に出られるようになったようですが
亡くなったワンコの事を「私の全てでした」と話されていた言葉が
今でも頭から離れません。

ペットロス

誰しも共に生きて来た大切な愛犬を亡くした時
陥ってしまうことかもしれないが
私自身、アニーやヴィクターの時どうなるか・・・

なんとなく想像はしますが
実際その状況になった時
想像を超える心境になるのではないかと
末恐ろしいです。


その奥様のもとに来た新たなワンコはまだ若そうで
元気いっぱいの人懐こい保護犬だったので
徐々に奥様の心の傷も癒えてくるのではないかと
期待したいですね。


hhg0DVIrcLc3m_T1489458157_1489458321.jpg
先の事はあまりくよくよ考えないでね、ママ








2017_03
12
(Sun)23:39

見て良し、触って良し

一昨日と昨日の2日に分けて
ワンズのシャンプーをしました。

数年前までは二頭続けてのシャンプーも
苦に感じることなく行えたものですが
やはり最近はね・・・ 

一頭ずつで行うことにしています。

アニーは2カ月ぶりのシャンプーでしたが
シニアだからさほど汚れていなくて
洗い流すお湯もさほど汚くありませんでした。
それでもシャンプーとブロワーで乾かすことで
換毛期に入った大量のアンダーコートを
洗い落とせたように感じます。
すっきりしました!

洗い上がりは全身サラサラで
喉の辺りを触るとたるんだ皮膚が指の間に挟まり、
その柔らかな感触をいつまでも楽しんでいたくなるほどです。  (私って変かなぁ?)


PJFlpJVvlLdAXFj1489285913_1489285964.jpg
ママ~、頑張ったご褒美にあ~そ~ぼ~!


ラブラドールのような短毛種はよほど汚れていない限り
洗っても見た目には綺麗になったかどうか分かりにくく
シャンプー後の“ヤッター!”感みたいなものは今一つないところがちょっと残念。
もちろん目的は皮膚の健康維持のためのシャンプーなので
いいんですけどね。

ヴィクターの場合は、と言うと
先月のトリミングからまだ約一カ月も過ぎていないのに
まあ、汚れていたこと!
洗い流すお湯は泥交じりで
いかに多くのホコリ&土が身体についていたかって事ですね。


x3Z10fnIGnF5DMR1489285984_1489286028.jpg
さっさと済ませてください

それでも
長毛種なのに、さほど抜け毛はなく
アニーと比べるとシャンプー時もその後のドライ中も
僅かな量の抜け毛で後の掃除がう~んと楽なのです。 


そして、乾かしたあとのふんわりでモフモフした仕上がりに
“ヤッター!”感を一杯味わう事が出来てちょっと嬉しくなるんですよ。


pxbBXDOkg_oeygO1489286054_1489286091.jpg
そろそろ終わりますか?


私の一番お気に入りの場所は、というと
やっぱりヴィクターのモフモフのお尻でしょ!
可愛くて、見ているだけでつい、ニヤニヤしてしまいます。 


TkeTOvBT_uuBPT51489286111_1489286181.jpg
この後姿がたまらなく好き!


どうです?触りたくなりませんか? 


アニーとヴィクターから微かに漂うハーブの香りで
家の中がさわやかな空気に包まれた週末となりました。 

アニー、ヴィクター   お疲れ様でした!
そして、私も お疲れ様でした!











2017_03
07
(Tue)23:21

歳を重ねて感じる事


2Oqn_8_9rhCp1qA1488805270_1488805296.jpg
Birthday flower



一昨日の事になりますが
私の○○才の誕生日でした。 

この一年振り返ってみると本当に色々なことがありました。
父の他界をきっかけに
改めて、「老いること」を多く考える一年でした。

私自身、気持ちはまだまだ若い?つもりであっても
身体や脳が付いてきていないことを自覚せざるを得ない事が
何度もあるのですよ・・・寂しいことに。

数年前までは簡単にできていたことが徐々にできなくなっていくと
人間、だれでも凹むし、自分の事が情けなく感じることも
増えてくるものです。
時として老いることに恐怖さえも感じることもあるかと思います。
でもね、最近は本当の老いとは何か?
ちょっと考える良い詩に出会えたと思います。


父が亡くなって書類の整理をしていた時に
父が大切に持っていたある詩のコピーが出てきて
それがまさに、父が心がけていた生き方に思えてなりませんでした。
若い人にはさほど響かない詩かもしれないが
今の私のような年齢の人にはきっと心に響く詩だと思います。

マッカーサー元帥が座右の銘にしていたとされるこの詩は
松下幸之助さんも感動されて、ある雑誌で紹介し
一躍有名になった詩のようです。


青  春

サミエル・ウルマン

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。



人は信念と共に若く
人は自信と共に若く
希望ある限り若く     疑惑と共に老ゆる
恐怖と共に老ゆる
失望と共に老い朽ちる

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。




まだご存じでなかった人にはきっと心に響いたのでは?


誕生日を迎えてまた一つ年をとった私ですが
この詩でいう 心 が青春の様相であり続けられるように 

がんばるぞ~~~! 



誕生日のプレゼントとして
父ちゃんからは手作りのビーフシチュー


x3TNsSHR1cmxcIs1488805455_1488805487.jpg
食べるのは二人なのに何故か10食分も作った父ちゃん

そして、娘からは
カワイイ犬のイラスト柄のエコバッグとポーチ。


fVEezEiL_VXc0nl1488805319_1488805360.jpg


ヴィクター似の犬のイラストがあったことに感動して
絶対に私が喜ぶだろうと選んでくれたプレゼントなんです。
嬉しいですね~


そして昨日、ワンズからは


s83HTS11J9kvloi1488807333_1488807371.jpg
ママ、ママ!  何か良いもの探してあげる!!!


この春一番に見つけた土筆ちゃん!


YMSa3WckhcvpVqM1488805386_1488805428.jpg


まだ冬のような寒さは残っていますが
あと少しで穏やかな季節がやって来る
明らかな気配を感じたのであります。


ちょっぴりウキウキした数日間でした。