topimage

2011-06

アニーの手術 - 2011.06.21 Tue

アニーは昨日
手術をうけました。

昨年痛めた左後肢の半月板の
状態を関節鏡を使って調べたところ
損傷は見られなかったものの
一部分圧迫されていて体重がかかって動く度に
摩擦が生じている所が確認されました。
その一部分を摩擦が起こらないように削り取る処置をし、
今後、経過観察をしていくことになりました。

行なった処置が広範囲ではなかったので
関節を開いて行なう手術ではなく、遥かに負担の少ない
関節鏡手術で行なわれました。


左前肢も当初CTスキャンで検査を考えていたようですが
より確実で正確な診断をするために同時に
関節鏡を使った検査にしました。

結果、
疑われていた通り、 肘関節形成不全による
内側鉤状突起の分離、つまり、判りやすく言うと、尺骨の内側にある
小さな突起部分が分離している状態でした。
その分離した骨片がぶらぶらしている状態だったため
関節鏡を使って取り除かれました。

今回は左後肢に続き前肢も負担の少ない関節鏡手術で
2時間半の短時間の作業で
アニーの身体への負担が極力抑えられたのではないかと思います。



CIMG6072_convert_20110621212648.jpg
オペの前の準備段階


CIMG6081_convert_20110621212752.jpg
関節鏡手術中


今回は娘も手術に立ち会うことが出来て
ちょっと痛々しい光景ではあるものの
なかなか見ることの出来ない貴重な場面なので
あまりグロテスクでないこの2枚を載せてみました。


この手術で完全に跛行が無くなるかどうか分らないが
これまでよりも良い状態に回復できるよう
望みをかけたいですね。


GRL_0028_convert_20110621213359.jpg
麻酔から覚醒した後のアニー


身体(肢)への負担が少なかったお陰で
退院が早くできそうで、金曜日にお迎えに行く予定です。


手術&入院と辛いことばかりだけど
もうしばらくの我慢・・・

アニー、昨日は良く頑張ったね!!!
金曜日まで待っててね・・・



おまけに、ちょっとだけお笑いヴィクターに
登場していただきましょうか


CIMG2778_sh01_convert_20110621234744.jpg
アニー姉ちゃん、僕も応援しているぜ!



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示