アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ARCHIVE > 2011年08月19日
2011.08.19 (金)

二人と2匹の夏休み

今年の夏休みは
特別な旅行を計画したわけでもなく
なんとなく過ぎていってしまいました。

娘は大学の動物のお世話のお当番があったり
診療があったりだし
息子はサークルの合宿だの試合だので
帰って来ないし

何と言っても
アニーがまだまだ養生しなくてはならない状態では

どこへも旅行できません


CIMG2949_convert_20110819155101.jpg
どこかに行きたかったな~


日帰りでもできれば良かったのですが
やはりアニーにもしもの事があっては、とか
せっかく回復しつつある脚の状態が悪くなっては、
という心配から結局ワンズは家に残し、
夫婦で近場にチョコチョコ出かけるだけの
フツウーの日々となりました。

ちょっと残念でしたが
連日厳しい暑さが続く中、こうして自宅でのんびり過ごすのも
悪くないかも・・・

休みの日は
ヴィクターの散歩係りは父ちゃんで
アニーは私が連れて行くことになっています。
普段は2頭のワンズを順番に連れて行っているので
あまり歩く必要のないアニーのみの散歩となると
あっけないくらい直ぐに終わりとても楽なのです。

一方、苦労しているのは
父ちゃん


何故かと言うと
マザコンヴィクターが私以外の人と散歩に出るのを嫌がり、
無理に連れ出しても後を振り返ってばかりなのです。
途中で座り込んだり、寝そべったりして
それ以上前に進むことを拒否するのです。

こうなってしまうと
たとえトリーツを鼻先に持って行っても
全く受け付けないのです。


なかなか頑固なヤツです


CIMG2943_convert_20110819155253.jpg
ママと一緒がいいの!




父ちゃんもあれこれと努力しているのですが
ヴィクターには通じませんね~

やれやれ

そんなヴィクターの“ママじゃなきゃイヤ”状態は
困った事に徐々に強化して行ってるように感じます。
ヴィクターは就寝前の用足しに外にでることさえ拒み、
最近はケージの奥の方に引っ込んで出てこなくなってしまいます。

私だけの時はサッサと出てきて
外に出るのですが
近くに父ちゃんや娘がいると
警戒して出てきません。

ヴィクターがこうなってしまった原因が
良く分らないのですが
不安に感じている何か原因があるのでしょうね。
それを取り除いてあげて誰とでも散歩が楽しめるように
してあげなくては・・・

どうやって???
これから考えるとしますか。

私とヴィクターとの試行錯誤の日々は
まだ当分続きそうです。


CIMG2935_convert_20110819155149.jpg
V. ぼくは冷え冷えマットがいい~♪   A. 私はフカフカマットがいい~♪


家の中では至ってリラックス状態のアニー&ヴィクター

この2頭は絶えず微妙な距離を保っています。
決して仲が悪いわけではないのですが
良いというには少々無理があるように感じます。
お互い意識して気を使っている様にも見えますが・・・


めったに身体の一部が触れ合うことがない2頭が
珍しくテーブルの下で寝そべっていて脚がタッチしてました

可愛くて
そんな脚をつい撮っちゃいましたCIMG2933_convert_20110819155124.jpg



些細な喜びを見つけては
幸せな気分に浸り、それなりに楽しめた夏休みだったかな?






スポンサーサイト