アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ARCHIVE > 2012年03月13日
2012.03.13 (火)

最後の卒業式

ちょっぴり日差しが暖かく感じた昨日

最後になる娘の卒業式へと向かいました。


幼稚園、小学校、中学、高校と幾度も出席してきた
卒業式も、今回で本当に最後になるのかと思うと
嬉しいような、寂しいような気持ちになりました。


来月から社会人となるのですから
本当に早いものですね・・・

これからは甘えの許される学生ではないので、
一社会人として、自分の言動に責任を取り、
人のため、社会のために役に立てる存在に成長してほしいと願っています。

この先、色々な困難に出会う事も当然あると思うが
くじけずに夢に向かって進んで行ってほしいですね。


いつだって応援しているから!


CIMG3397_convert_20120312193815.jpg
みんな、輝いてるね



女子学生のほとんどが着物&袴姿だったので
それはそれは、とても華やかな光景でした。

そんな女子学生の引き立て役になってしまっているのは
気の毒なことに、地味なスーツ姿の男子学生達。

映画の中の
主役と目立たないチョイ脇役ほどの違いがあるほど
目立たない存在になっていました。

でも・・・こればかりはどうする事も出来ない事ですよね。


親子3人で記念に撮った写真を
後にじっくり見て、感じたことがあります。

それは、娘がいつも以上にとても輝いて見えたことです。
その日の主役みたいなものですから当然と言えば当然ですかね。

娘が夢と希望を持ち、これからの人生を自分で切り開いて行って、
ますます輝けますように。。。



そんな娘と対照的なのが
ともに写っていた私と夫・・・

老けたなぁ~!

って感じ 

これも娘の成長しただけの年月
私たちも歳を取って行ってるのですから、
当然と言えば当然なのですが


複雑な心境になりますね。


あ~ぁダメダメ!
こんなマイナス思考じゃ!

子供が自立してしまえば、これからはもっと
自分たちの為に残りの人生を楽しまなきゃ!
と、思えたのもつかの間。


家にはまだまだ手のかかる毛むくじゃらのカワイコちゃん達が
2頭いるんだった・・・


CIMG3380_convert_20120313111728.jpg
遅いよ~~~お留守番の時間が長すぎ!!!



家に戻ってリビングの硝子戸付近に目をやると・・・

なんと、

ケージに入れて行ったはずのヴィクターの姿が見えるじゃないですか! 



やれやれ

カギを開けて出てきたなぁ!


2年ほど前、留守番のたびに頻繁に脱獄(?)していましたが
またやりましたか・・・

最近も、苛立ったヴィクターは
ダイソンの掃除機のコードを思い切り短くしてくれた事件があったので
危険を避けるために、長時間留守をする時は
必ずケージに入っててもらっています。

次回からナスカンを使って2重ロックをして行かなくっちゃね。


一日たっぷりと寝ている時間があったはずのワンズが
なぜか、お疲れモードで夕食後は共に起きてきませんでした。

憶測ですが
たぶん、ヴィクターが騒いでいたんだろう。



CIMG3406_convert_20120313115849.jpg
本当に煩かったんだから・・・


自分だけのために自由に楽しめる時間は
まだまだ限られた間でしか取れなさそうですね。


老けている場合じゃないね。
ファイトー



スポンサーサイト