2012_05
30
(Wed)12:23

命の期限を考えた一週間

先週、ネックレスをいじっていて何気に首周りを
触った時、豆粒ほどのしこりが2個ある事に気付きました。

虫さされかな?それとも出来ものかな?
と、思いながら注意深く触ってみるとどちらでもない事が直ぐに分かりました。
血管かリンパ節か・・・

病院で診てもらおうと思っても何科にかかれば良いのか分からなかったので
とりあえず、最寄りの総合病院に行ってそこで相談することにしたのです。

先ずは耳鼻咽喉科にかかるよう指示されて待つ事1時間半・・・


ようやく順番が来て先生に診ていただきました。
何らかの細菌感染でリンパ節がはれる事は良くあることなのですが
その場合張れている個所はもう少し柔らかいそうです。
私のシコリは小さいものの硬めで、コリコリしたものだったので
ちょっと微妙だと言われてしまいました。

病院に行く前にインターネットで「リンパ節のシコリ」
について多少知識を得ていたので
もし、これがばい菌によるものではないシコリ(腫瘍)であれば間違いなく
悪性リンパ腫って事になる。 

とりあえず、その日は血液検査をして
抗生物質を1週間分処方され、しばらく様子を見る事になったのです。

もし、抗生物質を服用しても何の変化もなかったらどうしよう・・・
やっぱり、恐れていたリンパ腫かなぁ・・・
と、
考えれば考えるほど益々気分が滅入って来そうでした。

まだリンパ腫だと確定したわけでもないのに
どうしても最悪の事を考えてしまう。
闘病生活の事を考えると怖いが


それよりも
家族の事やワンズの事ばかり考えてしまった。


主人はショックを受けるだろうな~
私が入院したら本当に一杯負担をかけるだろうなぁ・・・

幸い子どもたちはもう自分の事は全て出来る年齢なのですが
伝えておきたい事は全て書き残しておかなくては・・・
特に娘には家事をこなしてもらうためにお願いしておきたい事が
山ほどある!!!

それに、親と姉にはなんて話せば良いのか・・・

でも、

誰よりも気になって仕方がないのが

ワンズの事でした。


CIMG3648_convert_20120530115908.jpg
ママ、どうしたの~?



人間は話せば事情は分かるしショックを受けながらも
ガンバッテ応援もしてくれるでしょうが

ワンコには説明のしようがない。
私がどうなって行くのか分からなくて不安で困惑するだろうな~

もし、長い入院生活となったら
日中、ワンズはどうしよう?
それに、もし、私の命がアニーやヴィクターよりも先に尽きてしまったら・・・

などと次から次へと心配ごとが押し寄せて来ました。
これまで当然、私がワンズを最期まで看取って、
主人も看取って(勝手に私の方が長生きすると思いこんでいる)
晩年は姉や友人と色々な所へ旅行したりして楽しむつもりだったのに・・・


もし、限られた期間しか生きられないとなったら・・・


一日一日が貴重で、それをどう生きて行こうかなあ?

などと毎日、考えてしまいました。



そして、昨日

再診で先生に診ていただいた結果

シコリはまだ確認できるが先週よりも小さくなってきている上に
柔らかくなってきているので恐らく心配ないでしょう、と
言われました。



血液検査も全て正常で問題は見当たらないので
このまま様子を見て行けば心配ないのではないかとの診断を受けました。


ホッ
一先ず、安堵しました。

まだ触るとシコリは分かるので今一つ心底喜べないところですが
大丈夫!必ずなくなる!と信じて行こうと思います。


私がシコリの事を話した夜、心配して部屋でしくしく泣いていた娘に
真っ先にメールを入れて良い結果報告をし、

続いて、心配してくれていたワンコお友達にもすぐさま
報告に行きました。


一杯心配をかけて申し訳なかったです。
でもね・・・気にかけてもらえる事って本当にありがたいことだと強く感じました。


主人にもメールしようかな?と思ったけど
ちょっと寂しい事に、本人は私の首のシコリの事は忘れているようだったので
帰宅した時に報告すればいいかな?
なんてね。

まっ、主人はこんなものでしょう・・・
あまり気にされすぎても困るのでちょうど良いかな?

そんなことで
この一週間ほど自分の命の事を真剣に考えた事はなかったですね。
はじめて、限りある貴重な命なんだとしみじみと感じずには居られませんでした。


もっと自分の健康管理をちゃんとしなくてはいけないと反省し、
早速、昨年受けそびれた人間ドックの申し込みを急いでしました。


まだまだ私は元気でいなければならないのです!

家族の為にも、そして何よりも私を一番頼りにしている可愛いワンズの為にも!



v-1_convert_20120530121227.jpg
ママ・・・命


どうしても自分の事は後回しになってしまいがちですが
皆さんもどうぞ健康チェックをちゃんと受けてくださいね。


一先ず安心して良くなったので
昨夜は私の好物の栗赤飯を炊いてちょっとだけ祝っちゃった



CIMG3650+(0)_convert_20120530113502.jpg



生きていくこと、それも、どう生きていくかを
深く深く考える良い機会だったといえます。







スポンサーサイト