2013_03
26
(Tue)15:40

社会人としての門出にあたって

この春、大学を卒業して社会人になる甥っ子のY君が
先週から数日間我が家に滞在していました。

ひとり暮らしをしていたマンションを引き上げて
就職先の寮に入るまでの間のことでしたが
昨日、卒業式を迎え、大学に行った後に大阪の実家で
数日間過ごすために帰っていきました。



sakura2013t.jpg




子供がまだ幼かった頃、私が実家へ子供連れで帰る時ははたいてい姉と予定を合わせ、
実家では大勢の人間の集まる合宿状態で毎回賑わいだものでした。
色々な所へ遊びに行ったりして朝から晩まで本当に毎日よく遊んだものでした。


その甥っ子がついに社会人になるんですから
早いものです・・・


逞しくなったな~と感じる一面もあれば
なんとなく心配を感じる一面もあったりで
ついに学生でなくなる日を喜びたい反面ちょっぴり不安も感じるのです。

本人としてはこんな私の気持ちは余計なお世話なんでしょうが
どうも母親的な心境になってしまうのですね。

あ~~やっぱり私って過保護な母ちゃんだ!
こんなところでも過保護ぶりが出てしまっているのかな~? いかんいかん!




そのY君が我が家に滞在していた間、
初めは警戒していたワンズも彼の穏やかで優しいタッチに直ぐに心を許し、
気が付いたら甘えん坊のヴィクターは前足でチョンチョンと合図を送っては
構って~のポーズを取る有様でした。


9yVth81bbD82yx91364190057_1364190426.png



引っ越しの手伝いに2日ばかり訪れた姉にも
毎度のことながら、
しっかり甘えることを忘れなかったヴィクター


Va2OzAWO0C_6APE1364190612_1364191372.png


少しばかり賑わった我が家も
昨日、Y君をJRの駅まで送って行ったあと
家の中にぽっかりと穴が開いたみたいで一瞬
寂しささえ感じてしまったオバサンでした。


社会人になるとこれまでのような「学生だから・・・」という
甘えが許されないし、色々な苦労や挫折もたくさんあると思うが
くじけないで乗り越えて、一段と強く成長して行ってほしいと願うばかりです。



Y君、いつも陰ながら応援しているから・・・
頑張れ~



sakura2013.jpg
あたしも応援してるからね・・・



いろいろな門出があるこの時期

大きな夢をもって、それぞれに羽ばたいて行って欲しいですね。







スポンサーサイト