topimage

2014-07

不愉快だった人間ドック - 2014.07.20 Sun

PiRqNWUMXR_FIAn1405774455_1405774508.jpg




ほぼ毎年、決まって受けている人間ドックに
先週初めに行ってきました。

過去の検査結果と比較ができるように
いつも決まった同じクリニックで受けているのだが
今回は脳のMRI検査も受けたくて地元の病院系列の
健康診断専門のクリニックで受けることにしたのです。

受付を済ませて検査が進むにつれて
スタッフの手際の悪さ、応対の悪さなど???と思うところが色々とありました。

内心、もう二度とこちらのクリニックで受けることは無いだろうな~と思いながら
最後の胃のバリューム検査を終え、
医師による問診を待つだけ。

バリュームの画像が出来上がるまでしばらく待たされるかな?
と覚悟していたところ意外にも直ぐに呼ばれ
胸のレントゲン写真を見せられて

耳にした最初の言葉が

“バッチー肺だな~!”


でした。。。 


最初、聞き間違えたかと自分の耳を疑ったが
その後、幾度も会話の中に“バッチー肺”と言う言葉がでてきたので
決して聞き間違いではない事が明らかでした。



数年前から、毎年のレントゲン検査で過去の肺炎らしき傷あとの影響で
そこのところが白く映っているという指摘を受けるのですが

心配する必要はなく、経過観察だけで大丈夫だと言われています。
その個所を見て発した暴言でしたが
たとえ過去の検査データーがないからと言って
いきなり“バッチー肺”とは失礼極まりないと!


一応“バチイー肺”とはどういう事ですが?と尋ねてみましたが
その説明は医学的な理論だった説明とは言えず
二言目には、初めてのレントゲン画像を見るだけでは要経過観察以外
言いようがないでしょう。これまでのデーターがないから・・・・・ウダウダウダ・・・

ですって。

まったく説得力のない説明ばかりで
言葉の端々に患者の心を傷つける言葉が多くて。。。


病院でこれほどまで医師に対して憤りとともに
傷つられた事はありません。


CVIdHU99reg9BdN1404909332_1404909399.png
ボクも怒ってる・・・


帰宅してから家族はもちろんの事、多くのご近所のママさんたちに
私の怒りを聞いてもらい、多少なりとも静まりましたが
今でも思い出すと怒りがこみ上げてきます。

たとえ私がヘビースモーカーで(もちろん喫煙歴ゼロ)そのせいで
肺が真っ黒に汚れていたとしても
医師として、患者の身体の一部分にバッチーと言う言葉を使うのは絶対に間違っている!
医学的に論理だって淡々と説明するのが医師でしょう?


3週間後にすべての検査結果が届くことになっていますが
なんだか、こちらのクリニックに対して大きな不信感があるだけに
信じられない気持ちです。

はたして検査結果は信頼できるのかな~?

心配です。



pO0s6myC3Tiav_M1405773661_1405774267.jpg
ママ、遅かったね~


誰よりも私を頼りにしているワンズのために
まだまだ元気でいなくっちゃ!


一先ず、心配のない結果でありますように




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示