アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ARCHIVE > 2016年02月15日
2016.02.15 (月)

恐怖を感じる超大型犬

先日の事になりますが
寒さが少し緩んだ日
ヴィクターと川沿いの遊歩道を歩いて夕方の散歩を楽しんでいました。

そこにふと、左後方から遊歩道に入ろうとしてきた
青年と白い超大型犬が目に入ったのです。 

それは時々出会う近所で飼われている雌のピレネー犬でした。

幼い頃はとてもフレンドリーで白熊見たいに可愛いくて
とても愛嬌のある犬でしたが
ある時期からヴィクターに対して本気で攻撃をしかけて来るようになり
いつの間にかアニーに対してまで同じように襲いかかろうとするようになりました。

巨大な犬なので
本当に怖いのです・・・  

過去に、私の後方にいたヴィクター目がけて突進した勢いで
飼い主の手からリードが外れた時
私の前を通過して行く犬のリードをとっさにつかみ、
惨事になるところを阻止した経験があります。

つい最近でもアニーとの距離が1メートルほどの所までその犬に
高校生の青年が川沿いの土手を引きずられて来た怖い経験があるものだから
いくら体格の良さそうな男子高校生がつれていても信用できません!


OOeCe7Qyr6vYp4T1455535076_1455535109.jpg
昔は仲よくできたのにね


1か月ほど前に、そのピレネー犬から自分の犬をかばおうとした飼い主さんが
腕を噛まれてコートの袖がやぶけて穴が開いてしまった事件もあって
ますます危険度の増しているピレネー犬です。

あれだけ大きくて力のある犬は
普通の人ではなかなか扱えないものだと思うのですが
その家はお爺さんか連れていることが多くて
どう見ても制御できていないと思うのですね・・・ 


そのピレネー犬のリードを片手で持ちながらもう片方の手で携帯をもってふらふら歩いてくる青年を見た途端
気づかれる前にヴィクターと走って逃げました。


AMCP3a8AQ1vIFC81455535275_1455535306.jpg
追って来ないよね・・・


そのピレネー犬の推定散歩コースと違う道を選んだことだし
しばらく経ったので安心していたら再び出会ってしまい
またまたヴィクターと走って違う方向へと逃げて行きました。

2度も出会うなんて・・・
なんてツイテない日なんだろう~!

そう思って帰宅途中の公園に向かった時
道路の反対側前方からまたもや出会ってしまいました。 

そこそこ交通量の多い広い道路だったので
気づかれずに済むかと思ったが・・・甘かった。
ピレネー犬に気づかれた途端、恐ろしい形相で吠えたくられました

1回の散歩で3度も出会いたくない犬に出会い
3度もダッシュで逃げる事になるとは・・・

この先、アニーやヴィクターにもし、襲いかかるような事があれば
私は必死で守ろうと頑張りますが
相手があの大きさだと私も命がけになるかもしれません。
最近、ますます恐怖を感じます。

自分の犬の危険性の認識が
そのピレネー犬の飼い主には欠如しているように感じるのです。
出来るものなら「口輪を付けてください」と、言いたいところですが

言えないな~  

ピレネー犬が歳をとって
勢いが衰えるのを待つしかないかも。

それまではアンテナを張って出会わないよう努めるしかないでしょうね。


BUCHFviXpbdUGqF1455534907_1455534950.jpg
今日、2か月ぶりのトリミングでサッパリしたよ





スポンサーサイト