topimage

2016-06

ストレスの解消ができなくて・・・ - 2016.06.05 Sun

5月がバタバタと過ぎてしまい
早くも6月になってしまいました。    

今年、大きな変化が訪れている我が家にとって
この半年ほどがあわただしく過ぎていったように感じます。
物理的に忙しいというよりは心理的にストレスとなってしまうことが多くて
その結果、私の体調面でちょこちょこ影響が出てしまっているのです。


ややこしい年齢に達したこともあるけど
やっぱり、どうしようもないせっかちで心配性な自分の性分のせいで
ストレスをため込んでしまっているのでしょうか? 

自分ではストレスとの自覚は無いのですが
知らず知らずのうちに影響されて行って
身体がイェローカードを出す程になったのかも知れません。

ストレスに弱い
アカンタレな私だな~


次々おこる身体の不調のたびに
病院で診てもらうのですが
診断結果は  「ストレスによる自律神経の乱れ」 から来るもの
と言われます。

つい先日も人間ドックに行ってきたのですが
そこでも気がかりな数か所に関しては〝特に異常ない” (経過観察程度の問題個所はあるけど)
との結果で、ホッとする反面、気にし過ぎていた自分が馬鹿らしくなりました。

病は気からというけど
私ももっとおおらかな気持ちで
小さい事にとらわれ過ぎて
神経質にならないようにしなきゃ。

って、頭では十分すぎるほど分かっているのですが・・・


アニー&ヴィクターは私のストレスを癒してくれる一番の存在のはずですが
アニーの先々のことを心配することで知らず知らずのうちに
逆にストレスを感じてしまっているところはあるかも。

あ~~~困った性分です!


O0_jFWCEk1XkGED1462839087_1462839113.jpg
5月の連休、定期検査に行った時


今から一か月ほど前、アニー&ヴィクターの定期検査に病院へ行ったのですが
嬉しいことに、アニーの胆泥がほとんど確認できないくらいのレベルにまで下がっていました。 

血液検査も特に問題はなく、良好でした。

ただ、右ひじの関節にレントゲン検査で
関節液がたまっている事が確認でき
(半年前まではそれほどなかった関節液)
やはり、徐々に関節症が進行しているってことを思い知らされました。
今後、もっと進行していくに従ってアニーにベストな治療方法、
そして日常の過ごし方をも見直す時期が来ていると感じています。


4xYO0R2_aQB7Hva1464831772_1464831838.jpg
散歩はゆっくり ゆっくり歩くんだ・・・



x3wdE6jr2iVJkMD1464831704_1464831736.jpg
公園で一休み 


ヴィクターは 残念なことに胆泥は減るどころか
逆に少し増えていました。 


ガックリです! 


昨年、一度だけ胆泥がほぼなくなるところまで減らせたのに
再び増えてからはなかなか減らない厄介な胆泥です。

薬を1種類増やし、2か月後の検査結果に期待することになりました。

薬だけに頼らず、食の面でも色々と試していますが
これもなかなか結果が出ず、試行錯誤しているところです。

以前、我が家にホームステイをしたチワワのワラビ君も実は胆泥症だったのですが
国産の非常に良質のフードに変更してから胆泥がなくなったと聞き
我が家のワンズにも試験的に現在そのフードを与えています。

次回の検査でヴィクターの胆泥が減っていたり
願わくば、なくなっていれば嬉しいのですがね。
もし、そうなった時にはそのミラクルドッグフードを紹介したいと思います。


FAngFV6a0h_Q0sz1464831967_1464832011.jpg
今のドッグフード 好きだよ 


人間もワンコもストレスのない生活なんてありえない。
そのストレスをいかに上手に処理できるかどうかで
心身ともに健康でいられるかどうか決まってくるのでしょうね。


アニーもヴィクターも日々感じている様々なストレスを
上手く解消できているかなぁ?
人間と違って、未来のことをくよくよ考えない生き物だから
たぶん大丈夫だと思いたい。


bop5raqt91Cdk741464955901_1464955930.jpg
モサッテます 


明日はヴィクターにとってストレスフルな日となりますが
BIG & WIDE になって拡大した顔周りを縮小してもらって
夏向けに衣替えをさせてきます。 

ヴィクター、がんばれ~ 








スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示