topimage

2017-10

アニー半年後の検診 - 2012.07.25 Wed

昨日、4時45分に起床し、
先ずはヴィクターの散歩に出かけ、続いてアニーの
軽めの散歩を済ませました。

こんなに早くても川沿いの道に出てみると
早朝からウォーキングをされている多くの人たちに出会います

この時期ならではですね。


ワンズの世話だけで手いっぱいの忙しい朝は
家族の事は放ったらかしですが、それでもかろうじて予定していた6時半に
アニーを車に乗せて出発する事が出来ました。


予想していた程道路の渋滞はなく、
驚くほど順調に走れて9時の予約に余裕で間に合う8時35分に到着できました。


CIMG3871_convert_20120725091536.jpg
検査は嫌だな・・・

アニーがお世話になっている整形外科の原教授の診療日は火曜日のみで
この日はいつも混んでいるような気がします。

特に初診の患者(犬)がいるとじっくり時間をかけて診察、検査そして
飼い主への説明が加わるので時間がかかり、長く待たされることになってしまいます。
仕方のない事ですが、待たされる方としては疲れますね。


CIMG3870_convert_20120725094908.jpg
今日はどんな患犬猫がいるんだろう?


しばらく待った後にアニーがよばれて
この半年間の状況を担当獣医に簡単に説明し、
いつものように検査のためにしばらく預けました。


ここから時間を長々とつぶすのが結構大変なのです。

駅前のスターバックスやイトーヨーカドー、その地下にあるSubway
と、てんてんと場所を変えて見るものの3時間程が限界で
ぶらぶらしているのも疲れてくるのです。

節電に取り組んでいるイトーヨーカドーは評価したいですが
店内が涼しいと全く感じられず、エアコン故障している?と感じてしまうほど
蒸し暑く感じてしまいました。
ブラブラ歩いているだけでも汗はでるは身体がだるいはで
結局、涼しくて快適な動物医療センターに戻り、
そこで待つ事にしました。

恐れていた初診の患犬がいて
原先生の長~~~~~いお話が続いていたようです。
説明を受けている飼い主としては納得がいくまで、本当に細かいところまで
丁寧に説明をしてくれるので有難いことなのですがね・・・


待合ホールに戻って待つ事2時間で
ようやく検査結果の説明を受ける順番が来ました。


触診、ストレステスト、フォースプレート検査(歩行時に4本の足それぞれの負重の度合いを測定する検査)
画像診断、それに血液検査をした結果
やはり関節症が進行していると告げられました。

特に時々調子の悪くなる左前脚の肘関節の変形性関節症は徐々に進行しているのが
レントゲン写真でもはっきりと写っていて

覚悟していたもののやっぱり、目の当たりにすると
ショックですね 


それでもその進行の度合いが緩やかな方だと言ってもらえたのが
せめてもの救いだったかな・・・?


左後ろ脚の関節炎は靭帯断裂で手術した跡が影響しているようです。
先生たちは決して他の病院で受けた手術を失敗とおっしゃることはなさらないが
術後の脚の不具合は手術の失敗と感じざるをえません。

前十字靱帯が断裂した膝が屈伸時に不安定で
前後に動いてしまうのですから
その度に軟骨が擦れてしまい炎症が起こるのも当然です。

不安定な膝が前後に動かないように手術して
プレートをインプラントしたのに
膝が不安定なままでは膝の屈伸時に未だに痛みが出るのも無理ありません。


チタンのプレートをインプラントして膝の構造自体が
変わってしまった脚を今さら再手術できるわけではないので
このままその関節炎と付き合っていくしかないですね。


簡単な手術でも命を落としてしまう結果になりかねない
手術って人の場合でも動物の場合でも慎重に病院(医師)選びをしなくてはいけませんね。


後悔することは山ほどありますが
もう過去の事ばかりにとらわれていないで未来を出来るだけ
明るいものにしていけるように努めたいです。



診察が全て終わって病院を後にしたのが
午後2時半過ぎで
5時ごろに帰宅した私を
狂ったように興奮して歓迎?してくれたヴィクターは
長~~~いお留守番に耐えてくれました。


CIMG3846_SP0001_convert_20120725111158.jpg

良い子だったね!


留守の間、ホップ君ママさんに2度トイレに連れ出してもらえていたので
私は安心していられて本当に助かりました。

お世話になり有難うございました~



アニーの次の検診は半年後になります。

って事は来年の1月か・・・

かなり先のようでもあるけど意外と直ぐにその日が来るんですよね。







スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

病院はものすごく時間がかかるのですね〜ご苦労様です。
関節症の進行は止められないのですね・・・でもママさんの努力のかいあって進行が緩やかで何よりです。
チャッキーの足もはっきりと言われる病院も1つだけありましたが他の病院もはっきりとおっしゃらなくても手術が上手く行ってなかったことは明らかでした・・・悔しい思いをしましたがチャッキーが前を向いて生きていてくれるので私たちが後ろ向きではいけないと思い直しました。
アニーちゃん最近の表情とても穏やかですものね。
動物の医療も日進月歩です!

NoTitle

yunさん、

yunさんもチャッキー君の足の事でいろいろと辛い思いをされましたね・・・

人間と違って動物は自分の身体に不具合な所があっても思い悩まないで、その状態をしっかりと受け止め、前向きに一生懸命生きていますよね。人間も同じように出来ればどれほど楽に生きられる事か。  つい、過ぎた事を後悔したり、先の事を考え過ぎて悩んだりと、本当に面倒なことです。 
病院でショッキングな事実を突き付けられても、昨年の事を思えば私も随分と撃たれ強くなったように感じます。ちょっとは成長できたかな?

頑張って楽しく生きようとしているアニーを元気づけてあげるのが私の役目ですから。(*^。^*)  最近の穏やかなアニーの表情を見ていると強くそう感じます。

日進月歩の医療に期待したいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/110-0f564759
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コウモリも朝寝坊? «  | BLOG TOP |  » ヴィクターは膀胱炎?

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示