topimage

2017-10

切ないお別れ - 2013.01.13 Sun

あっけなく過ぎてしまったお正月でしたが
気が付いたらもう1月も半ば・・・


息子は成人式を迎え
出身中学・高校の新成人を祝う会に出席するために
お正月から1週間も経たないうちに戻って来ました。

服装一つとっても女子と違って男子は簡単で今一つ盛り上がりに欠けるのですが
久しぶりに友達に会えるということで息子は夕方、嬉しそうに出かけて行きました。

この日を迎えられたことをもっと心の底から喜ばなくてはならないのでしょうが
どうしても気持ちが晴れない、何とも言えない、切ない一日となりました。


昨年、一度ブログで取り上げたバーニーズマウンテンドッグのバニラ君
http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/blog-entry-98.html#98


この一年間、色々あったがようやく新しい飼い主が見つかり、今日、引っ越していきました。


CIMG4323_convert_20130113231657.jpg



昨年の春頃までは立派な体型を維持していてしっかりとした足取りで歩いていたバニラ君も
10歳のお誕生日が近づいたこの一年で後ろ脚がずいぶん弱ってしまいました。
一度座ってしまうと立ち上がるのもやっとこさで、
歩きながら頻繁に後ろ足がもつれてしまうようになってしまいました。

老化と共に筋肉も痩せて行き、あの頃のことを思うと
全体的に体がかなり小さくなったように感じます。


このたび、新しく家族として迎え入れてもらえることになったお家は2か月ほど前に
飼い犬のバーニーズ、それもバニラ君の兄弟犬(誕生年月の違う)を亡くされたばかりで
バニラ君の置かれている状況を知って引き受けたいと申し出てくださったそうです。
高齢で足腰が弱ってしまった大型犬を迎え入れて下さるっていうだけでも
大変ありがたいことで、バニラ君は幸運だといえるのでしょう。


埼玉県から離れた茨城県の方から今日お迎えに来られるとうことで
今朝、お散歩で会うのが最後となりました。


CIMG4310_convert_20130113231927.jpg




思い返せば始めて出会ったのは
バニラ君がまだ3歳になる前だったと思います。
あの頃はお父さん犬もお母さん犬も一緒で、おじさんが3頭のバーニーズを連れて
ゆったりとお散歩をしておられました。
大型のバーニーズを3頭も連れておられる姿は誰しもが振り向く光景で
とても存在感がありましたね・・・

アニーがまだ1歳になる前で出会うたびにアニーはひっくり返ってお腹を見せて
一番穏やかで優しいバニラ君にじゃれ付いたりお父さん犬に甘えたりしたものでした。
年の順でお母さん犬がなくなり(恐らく10歳)その数年後にお父さん犬も亡くなり
残されたバニラ君1頭だけになってからはおじさんの愛情を独り占めできて
バニラ君は年々甘えん坊になっていました。

この地域の多くの人から愛されていたバニラ君。

何度か、もしバニラ君を我が家に迎え入れたら・・・なんてシミュレーションしてみたことはありましたが

やっぱり

私のしてあげられる、というか
してあげたい世話のキャパシティーを超えることが目に見えていて
出来ませんでした。


生まれてこの10年近い年月を過ごして来た
家と地域、それに顔見知りの人たちから離れざるを得ないバニラ君は

心細いだろうなぁ・・・

不安だろうなぁ・・・

淋しいだろうなぁ・・・



かと言って私に何かできるわけでもない。


新しいお家には若いゴールデンレトリバーがいて
年老いたバニラ君が生活のペースをつかむまでは
しばらく大変だろうが、穏やかなバニラ君のことだから
きっと、上手くやって行ってくれるでしょう。


新しい環境に慣れて、それを受け入れて行くまでどれ位かかるか分からないが
一日でも早く新しい家族に馴染んで安心して暮らせるようになってほしい。

そして元気で一日でも長く生きてほしいと願うばかりです。


CIMG4320_convert_20130114011425.jpg


バニラ君、
あまり落ち込まないでね

いっぱい可愛がってもらうんだよ

忘れないからね

幸せになってね


そんなことを考えてばかりの
なんとも淋しい一日となりました。










スポンサーサイト

● COMMENT ●

バニラ君のこと気になっていました。私もちょっとシュミレーションしちゃってましたが
自宅が2Fなのがどうしても・・・
無事にお家が決まってよかった!

バニラ君の年を考えると本当に切ない別れですけどね・・・幸せ一杯の余生を過ごせますように
お祈りします。

最後のみんなの写真でアニーちゃん達がバニラ君を見つめていますね・・・

yunさん、

同じようにシミュレーションしちゃっていたんですね?!
ご心配おかけしました<m(__)m>

出来るものなら元の飼い主のもとで一生を終わらせてあげたかったですが・・・仕方のないことですね。
この先、もうバニラ君に会えないだろうと思うと淋しいですが、優しく受け入れてもらった新しい家族のもとで穏やかな余生を送ってくれるものと信じています。

犬猫を飼うときは最後まで看取ることが可能かどうか、それに、万が一飼えなくなった状況になった場合、あとをお願いできる存在がいるかどうか、それ位先の先まで考えて飼わなくてはいけないと考えるようになりました。

バニラ君の場合は新しい家族が見つかってラッキーなケースで、世の中、家庭の事情だったり老犬になって面倒が見られなくなったと言うだけで捨てられる犬猫が後を絶たない現実が哀しいですね・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/137-f412e3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まだまだ残る大雪の後 «  | BLOG TOP |  » HAPPY NEW YEAR

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示