アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > 気になって仕方がないパピーたち
2013.02.16 (土)

気になって仕方がないパピーたち

このところ
気になって仕方がない存在が
私の毎日を支配しようとしています・・・



CIMG4406_convert_20130216151227.jpg


以前に紹介をした、(過去の記事)

コロコロとした、たまらなく可愛い
あのパピー達の存在です  misty's pups


ライブカメラで24時間世界中に流されているので
いつでも覗けてしまう。

嬉しいような困ったような・・・


たとえ現地時間(アメリカ東海岸)真夜中であっても
不思議と1~2匹夜遊びをしている元気者がいるんです!

もう可愛くて可愛くて~

日増しに大きくなり、遊びも過激になってきた5頭のラブのパピー達の中に
3週早く生まれたゴールデンのパピーが1頭加わって総勢6頭の
賑やかなパピー部屋を覗いていると
忘れるほど時間が早く過ぎていき、

一日を振り返った時
私は一日いったい何をしてたんだろう???と我ながら
呆れてしまいます。



飽きないですね~


そんな Misty のパピーたちも生後7週目を過ぎて
アニーが我が家にやってきた頃に近づいてきたと思うと
ますます親近感がわいてきて
あの頃のアニーと重ね合わせて見てしまうのです。

可愛かったな~


GRP_0020.jpg


GRP_0022.jpg


もっともっと写真を一杯一杯撮っておけば良かったと
後悔することばかり。

あの頃は毎日が慣れないことばかりで
そんな気持ちの余裕がなかったかな


Misty の子犬たちを見ていると
いかにこの月齢の子犬たちが兄弟姉妹たちと毎日
共に過ごす事が必要なのかわかりますね。

組んず解れつ遊び、
寝るときはいつもお互いに寄り添って・・・

こうして精神的に安定した状態で伸び伸びと育っていくんだな~


この最高の環境の中で育つパピー達と違って、ペットショップの子犬たちは
早くに親兄弟姉妹と引き離され
突然知らない人間に物のように扱われ
全く知らない所へ連れて行かれ
狭いガラスケースに入れられて毎日色々な人間の前にさらされて・・・

まだまだ仲間のぬくもりを必要としている時期に
どれほどの恐怖と不安と孤独を感じてるのだろうかと思うと

心が痛みます。

こんな情緒不安定のまま育って行く子犬に将来、問題行動が一杯出てきても当然かも知れませんね。



CIMG4410_convert_20130217000312.jpg



アニーは生後8週間ほどでブリーダーの下より
我が家に迎えましたが
車で連れて帰るその道中、ずっと啼き叫んでいました。

車の助手席に座る私の膝の上でずっと抱っこされていても
落ち着かず、不安そうに啼いていた日のことを思い出します。
きっとあの時は私の事を犬さらいとでも思っていたでしょうね。

ブリーダーに指定された日だったとは言え、出来る事ならあと4週間ほど
母親、兄弟姉妹と一緒に過ごさせてあげたかたですね。


アニーはその時の不安を頑張って乗り越えて
今、こうして、落ち着いた穏やかな私の相棒に育ってくれたことを
本当に感謝したいです。


CIMG4417_convert_20130217000615.jpg
それより早く脱がせてください・・・



ヴィクターもパピーの頃は

きっと可愛いかったんだろうな~

たとえどんな劣悪な環境であっても
時には子犬らしく兄弟姉妹と無邪気に遊んでいたのかな~?
お母さん犬は何歳まで生きていたのかな~?
もしかして今でも生きているのかな~?

なんて

いろいろ考えてしまいます・・・


この先、暫く Misty のパピー達はこのセンターで育って行くのでしょうが
いつかはサービスドッグとして去って行くことでしょう。
それが1か月先かまだその先か分からないが、それぞれが旅立っていく日まで
私は毎日この子たちの成長を見続けていくことでしょう。← 急性パピー中毒ですね

お暇な方

一度のぞいて見てごらん。


はまりますよ~


CIMG4408_convert_20130217003230.jpg
ボクとアニー姉ちゃんがいるのに・・・ママ、どうかしてるぜ!



スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/144-1906b9fd