アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ちょっとブルーな日
2010.09.27 (月)

ちょっとブルーな日

9月に入ってからでも真夏日の日数の記録を更新し続けた今年の夏も
ようやく終わり、秋の訪れを感じるようになりました。
いきなり10月の下旬のような肌寒い日がやってきたりで
体調を崩している人があちこちで目立って来たように思えます。
月曜日の朝から冷たい雨が降っていて気分がどこと無く沈みがちになりますね~


そんな中、気温の低下と比例して元気が出てきた、
て言うか、
テンションがあがってきたヴィクターにちょっと手を
焼くことが再び出てきました。

随分穏やかになって落ち着いてきたように見えていた
ヴィクターは暑さでバテていただけだったのでしょうか?


PICT0010_convert_20100919225324.jpg
朝の涼しさは気持ちいいね~


ヴィクターがストレスや不安を出来るだけ感じないような方法で
取って欲しくない行動が起きないように導いていくトレーニング
(陽性反応強化法)をこれまで行ってきて
かなり良い方向に向かっていたように思っていました。

実際散歩で出会うワンコに吠えて飛び掛ろうとしたり
アニーに八つ当たり的な攻撃を加えることが激減していて
トレーニングが上手く行っていると思っていました。
が・・・
涼しくなった途端、日によってヴィクターの鼻息が荒くなるのです。


PICT0001_convert_20100927103538.jpg
早く行こうよ!

わかるんです
ヴィクターの歩く様子やちょっとした動きで。
テンションが非常に高く、何かすごい興奮状態だって事が・・・
毎日同じような生活を送っているのに
ちょっとした気温や気圧の変化?それとも気になる臭い?
何がきっかけでそうなるのかはっきり理解出来ない私はまだまだですね。

ヴィクターは決して攻撃的な犬ではないのだが
警戒心が強く、不安を感じると容易にパニックになり、我を忘れます。
心の安定剤的な存在である私がそばにいれば我に返ることが直ぐに出来るようになり、
パニック状態もあまり深刻にならずに済むのですが
私以外の家族の者ではまだ難しいのです。

昨日は息子の学校のお手伝いで一日家を留守にして
お父さんにワンズの面倒をお願いして行ってのですが
朝に2回、夕方に1回ヴィクターの突然の大暴れが起こったようです。
そして、どちらもアニーにすごい勢いで絡んで行こうとしたそうで・・・

未だお父さんには警戒するところがあるヴィクターは
私がいなくて不安だったのかな~?  
どうしてなんだろう?
何か原因があるのだろうけど、ショックでした。

おまけにワンズの食後のマズル周りを拭くときに
ヴィクターに拒否されて、逃げようとしたヴィクターを
抑えたがために、追い詰められたように感じたのか、歯を当ててしまったようです・・・
噛んだと言うより歯が当たっただけでしたが指先が少し切れて
痛かったと聞かされた私は凹みました。

トレーニングをして成果が出つつあると思い込んでいたのに又大きく後退
したような感じで、ガッカリしてしまいました。

そんなヴィクターの目を見ると
な~んにも考えていないような、きょとんとした済んだ眼差しで
私を見ているのです。
事実自分のやったことなど全く覚えていないのでしょうね・・・


PICT0002_convert_20100927103923.jpg
夢は楽しいな~ムニャムニャ

三歩進んで二歩下がる
それでも少しずつは進歩している状態だと信じています。
もっともっと私や家族の事を信頼し、一切不安を感じることが
ないようにしてあげなければならないですね。

凹んでないで前に向かって進むしかないですね・・・
こうして書くことによって気持ちの整理が出来、
チョッピリ楽になったような気がします。

地道な日々の努力はこれからも続くけどくじけないぞ~


PICT0001_convert_20100927104012.jpg
父ちゃんは大変だったんだよ・・・



スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/17-d40cc6e7