topimage

2017-08

ちょっとブルーな日 - 2010.09.27 Mon

9月に入ってからでも真夏日の日数の記録を更新し続けた今年の夏も
ようやく終わり、秋の訪れを感じるようになりました。
いきなり10月の下旬のような肌寒い日がやってきたりで
体調を崩している人があちこちで目立って来たように思えます。
月曜日の朝から冷たい雨が降っていて気分がどこと無く沈みがちになりますね~


そんな中、気温の低下と比例して元気が出てきた、
て言うか、
テンションがあがってきたヴィクターにちょっと手を
焼くことが再び出てきました。

随分穏やかになって落ち着いてきたように見えていた
ヴィクターは暑さでバテていただけだったのでしょうか?


PICT0010_convert_20100919225324.jpg
朝の涼しさは気持ちいいね~


ヴィクターがストレスや不安を出来るだけ感じないような方法で
取って欲しくない行動が起きないように導いていくトレーニング
(陽性反応強化法)をこれまで行ってきて
かなり良い方向に向かっていたように思っていました。

実際散歩で出会うワンコに吠えて飛び掛ろうとしたり
アニーに八つ当たり的な攻撃を加えることが激減していて
トレーニングが上手く行っていると思っていました。
が・・・
涼しくなった途端、日によってヴィクターの鼻息が荒くなるのです。


PICT0001_convert_20100927103538.jpg
早く行こうよ!

わかるんです
ヴィクターの歩く様子やちょっとした動きで。
テンションが非常に高く、何かすごい興奮状態だって事が・・・
毎日同じような生活を送っているのに
ちょっとした気温や気圧の変化?それとも気になる臭い?
何がきっかけでそうなるのかはっきり理解出来ない私はまだまだですね。

ヴィクターは決して攻撃的な犬ではないのだが
警戒心が強く、不安を感じると容易にパニックになり、我を忘れます。
心の安定剤的な存在である私がそばにいれば我に返ることが直ぐに出来るようになり、
パニック状態もあまり深刻にならずに済むのですが
私以外の家族の者ではまだ難しいのです。

昨日は息子の学校のお手伝いで一日家を留守にして
お父さんにワンズの面倒をお願いして行ってのですが
朝に2回、夕方に1回ヴィクターの突然の大暴れが起こったようです。
そして、どちらもアニーにすごい勢いで絡んで行こうとしたそうで・・・

未だお父さんには警戒するところがあるヴィクターは
私がいなくて不安だったのかな~?  
どうしてなんだろう?
何か原因があるのだろうけど、ショックでした。

おまけにワンズの食後のマズル周りを拭くときに
ヴィクターに拒否されて、逃げようとしたヴィクターを
抑えたがために、追い詰められたように感じたのか、歯を当ててしまったようです・・・
噛んだと言うより歯が当たっただけでしたが指先が少し切れて
痛かったと聞かされた私は凹みました。

トレーニングをして成果が出つつあると思い込んでいたのに又大きく後退
したような感じで、ガッカリしてしまいました。

そんなヴィクターの目を見ると
な~んにも考えていないような、きょとんとした済んだ眼差しで
私を見ているのです。
事実自分のやったことなど全く覚えていないのでしょうね・・・


PICT0002_convert_20100927103923.jpg
夢は楽しいな~ムニャムニャ

三歩進んで二歩下がる
それでも少しずつは進歩している状態だと信じています。
もっともっと私や家族の事を信頼し、一切不安を感じることが
ないようにしてあげなければならないですね。

凹んでないで前に向かって進むしかないですね・・・
こうして書くことによって気持ちの整理が出来、
チョッピリ楽になったような気がします。

地道な日々の努力はこれからも続くけどくじけないぞ~


PICT0001_convert_20100927104012.jpg
父ちゃんは大変だったんだよ・・・



スポンサーサイト

● COMMENT ●

うちもです。

パパさん、大変でしたね。
指の痛さより、心の痛さ。。。ですよね。
私も前のワンコさんで経験しました。

うちも実は、ここのところテンションがおかしいのです。
シェルのパニックは以前からなのですが、二人とも異常なくらいにクンクンが激しくなってきています。
特にシェルのマーキングが増えているし、まるで去勢していないコみたいだなぁ~って、今日の散歩で思いました。

その時ふと思ったのですが、去勢してからまだ1年しか経っていないし、完全な成犬になってから去勢したので、まだ♂特有の性質が残っているのかなぁって。

素人判断なのでアテにはならないのですが、前のワンコさんが去勢するのが遅かったので、ほとんど亡くなる2年前ぐらいまで♂そのものでした。
シーズンになるとソワソワして問題行動を起こしていました^_^;

的外れだったらすみませ~ん(T_T)

NoTitle

シェル君もちょっとおかしいのですか・・・?

シェル君はヴィクターとどこと無く似ていて、ちょっと怖がりさんで情緒不安定なところがあるんですね。そういう子はいつもと違うちょっとした環境の変化に弱くて、落ち着いた行動が取れないのかも。

マーキングが増えているとの事ですが、ヴィクターも我が家にやってきて1ヶ月もしないうちからお散歩の時にマーキングしまくりです!それがヴィクターの知らない始めての場所だと自信がなくなり、マーキングを一切しないのです。v-403

マーキングが自信のあらわれと取るのであれば喜ばしいことですが、それだけではない、雄犬が自己主張している行動、なので私としてもあまり歓迎できませんね。 でも、今はヴィクターのマーキングを許している状態です。だめでしょうかね・・・

ママさんの言われるとおり、やはり成犬になってからの去勢ではまだ♂だった時の性質が残っていてどうしても体が反応してしまうのでしょうか・・・?
だとするとシーズンを迎えた雌犬の臭いで最近鼻息荒く、テンション高かくなるのも理解できます。

まだまだいい方向にも悪い方向にも変わっていく可能性のあるワンコたちをいい方向に導いていく大事な役目が私達飼い主にあるのですから気が抜けませんね。

NoTitle

ウルフも~!!!
散歩時の突然のハッスルがなくなったね~なんて
話していた矢先、またはじまっちゃいました(汗)
そうそうマーキングが多いんですよ・・・
確かに女の子さんのシーズンがあるときは散歩時ソワソワしますよね。それなのかな???

>まだまだいい方向にも悪い方向にも変わっていく可能性のあるワンコたちをいい方向に導いていく大事な役目が私達飼い主にあるのですから気が抜けませんね。

いたたたたっ・・・そうですよね、我が家もちゃんとチャウルを見て導いてあげなくては!!!

NoTitle

ウルフ君も同じようにテンションが高いのですか!?

困っているのは私だけではない事を知って少し気持ちが楽になりました。( ´o`)п< <(ホ) 
やはり栗橋のワンコたちは成長過程で一番大切な時期をあのような悲惨な場所で社会化もされずに大きくなったため、脳の発達が未熟で、ある種の外的刺激に混乱して興奮状態になるのでしょうかね~。

最近のこの栗橋ワンコたちのテンションの高い状態がもし発情期の雌犬の影響であるならば困りますね~!そんな雌犬は一年を通して絶えずどこかに存在するし、その度にハッスルするんじゃワンコだってストレスだろうし。

今はヴィクターを公園で走らせてくたびれさせる事である程度興奮状態を鎮めていますが、それでも以前ほどの落ち着きはありません。
やれやれ・・・v-390

のんびり、ゆったりの散歩が出来る日を夢見てお互いに頑張りましょうねv-91


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/17-d40cc6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広~~~い公園でハッスル «  | BLOG TOP |  » 里親会へ突然参加

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示