topimage

2017-08

犬は飼い主に似る? - 2014.12.12 Fri

一昨日、アニー&ヴィクターを健康診断に連れて行ってきました。

それぞれに気になるところがあったので昨年の12月に行ったように
今年も一年の締めくくりにとして念のため、調べてもらう事にしました。

問診、触診、尿検査、血液検査、エコー検査とレントゲン検査と

しっかりコースでね。


犬の一年は人間の4~5年に相当すると言われているが
たったの一年でも色々と問題が現れて来るものです。


先ず、アニーだけど

高コレステロール、尿のPH値は高い上にきらきら光る結晶がある(ストルバイト結晶)、
白血球が少ない、そして胆泥症(胆嚢の中の胆汁が濃縮して泥状の胆泥として溜まった状態)
など、色々と発覚したのです。 


いずれも加齢による衰えからくるものと考えられるけど
心拍数が少ない事を考えると甲状腺機能低下症も否定できないと言われました。
ただ、現在のアニーの状態を見る限り被毛の状態も問題ないし
元気そうなので敢えて今その検査を行う必要はないだろうとの見解でした。



o0zJOI70A_mTY3l1418292417_1418292447.jpg
食べる物には気を使ってるのにね・・・



ワンズの体重管理やシニア犬の腎臓への負担軽減に考慮した
低脂質でリン&ナトリュームを低く抑えたフードにしているのに
なぜコレステロール値が高くてPH値も高いんだろう???


困った事です・・・

今後どうして行くべきか相談した結果
現在与えている物(フード、おやつ、そしてサプリメント)を全てリストアップして
獣医師に見て頂き、控えた方が良いものがあれば指摘して頂き
3か月おきにエコー検査を続けて経過観察を行って行くことになりました。



次にヴィクターですが、

もっと面倒な事になっていました。


血液検査ではコレステロールは正常値にあるものの
ぎりぎりの高めの値。
そのほかの項目は全て正常値で安心したいところなんですが
問題はやはり、胆泥症。

昨年の12月に見つかった胆嚢の胆泥は
明らかに量が増えていた上に
2ミリ程の大きさの胆石までもが出来ていました。
犬猫の胆泥はあっても胆石が出来ることは非常に稀で
どちらも存在するヴィクターは特異体質だと言われました。

アニーと違って経過観察の段階を過ぎていて
内科的な治療を始める事になりました。
利胆薬や抗生物質の投与で改善する場合があるため
これから与える4種類の薬を一か月分ドッサリもらって帰りました。

もし、薬の効果がなく、胆泥が増え続けたり
胆石が大きくなったり数が増えて行くような事になったら
最悪、胆嚢が破裂してしまう危険もありうるので
この先どうして行くか・・・
こまめに経過観察だけで行くか症状が出る前に外科手術で胆嚢を摘出するか
難しい判断を迫られるかも知れません。


問題はもう一か所ありました。

実は、先週トリミング後に
右耳のつけ根に8ミリ程の大きさの出来物があることに気づいたのです。
トリミングでモサッテいる顔周りがスッキリした事で発見できたイボ?
のようなものが良性の物なのか悪性の物なのか
早期に見てもらいたかったのです。


dWjh_lp9K_CIe4O1418292368_1418292394.jpg
トリミングは嫌だったけど…良かったかもね


ちゃんとした病理検査に出さない限り良性とも悪性とも
断定的なことは言えないのですが簡単な検査結果では
明らかなる悪性の物ではなさそうだと言われ、ちょっとだけホッとしました。

たとえ良性の物であっても場所が場所で
このまま大きくなってしまって耳の中の方に根がはってしまうと
厄介なことになるとの見解から年明け早々に切除手術することになります。

その時に組織を病理検査に出して
ハッキリしたことが分かるでしょう。

ふーっ 

新年早々色々な課題を与えてくれるワンズは
私のボケ防止に少しは役立ってくれているのかも知れません。


vRJfQUTwcreSEvc1418292244_1418292275.jpg
病院は疲れるね…


実は、面白いことに不思議な偶然があるんです。

私の現在抱えている健康上の問題とワンズとほぼ同じと言えるんです。

中性脂肪は低いのにコレステロール値が高くて胆石がある。
この症状って、これまで述べてきたものとほぼ同じでしょう?

食べているものは全然違うのにどうして似てるの~?!
犬は飼い主に似て来ると言うけど
何もそんなところが似なくてい良いのに・・・


来年はワンズと共に
これらの病気と取り組んでいく年になりそうですね。  トホホ


pUHhN3Svmwll8k01418292151_1418292209.jpg
私たち同志だね!



スポンサーサイト

● COMMENT ●

ヴィクターちゃん一見元気そうで問題があるように見えないのに・・・
全てが無事に事なきを得ますように祈ってます!
食べ物が違うのに似た症状が出るって不思議〜つながりを感じますね!

yunさん、

胆嚢の病気は酷くならない限り、症状がないので一見元気そうに見えてしまうのですね。v-390
ヴィクターの胆泥と胆石のダブルパンチはショックでした・・・
それなのにアニーまでもが胆泥症になっていてもっと落ち込みました。

体質だから恐らく食生活とはあまり関係ない、と獣医師に言われたが、私としてはちょっと違うかなと感じるのです。  体質という事で簡単に片づけてしまわないでもう一度2頭の食生活を見直して改善できるところを出来る限り改善して行こうと思います。
本当はyunさんのように手作り食にしてあげられたらベストなのですが、何をどうしてあげた良いのか分からなくて・・・
本によって書いてあることが違っていて、間違った物を間違った量を与えてしまったりして一層病状を悪化させたくないしね。で、結局のところ無難そうなドッグフードに頼ってしまうのです。 難しいです。

それでも、少しずつでも勉強して手作り食もたまには取り入れて行けるようにしたいですね。  また色々と教えてくださいね。 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/217-eb3e80ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Merry Christmas «  | BLOG TOP |  » ヴィクターの髪(毛)飾り

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示