アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > 面会日
2010.11.04 (木)

面会日

昨日、入院中のアニーの面会に行ってきました。
日曜日に面会した時より多少元気になっているかな?
と、期待しました。

入院中のワンコたちがいる部屋に通された時は
一斉に吠えたくる犬の騒々しさに先ず驚き
その中で腰をゆさゆさと揺らしながら思い切り尻尾を振るアニーに
直ぐ気づき、アニーのケージの前に行きました。
看護師のお姉さんが何か話しておられたんだが
あまりの騒音ではっきり聞こえません。
恐らく、アニーがフードを残している訳と鼻の頭がすりむけている
訳を話されたんだろうと思います。

ふと見ると鼻の頭が痛々しい・・・
フードボールの中のドッグフードがかなり残っている・・・

全身胃袋と言っていいほど食べることが大好きな
ラブラドールが残すとは

我が家に来て以来一度も無かったこと。

やはり、相当まいっていることが直ぐに感じ取れた。

ゆっくりして行ってくださいと言ってもらえたので
何とか出ようとするアニーが出られないよう体でケージの前をふさぎ、
必死で甘えてくるアニーの好き好き攻撃を久しぶりに
受けました。
まだ脚が痛いだろうに、全身で喜びを表すアニーが愛おしくて
たまらなかった。
暫く撫でていると安心したのか落ち着き、横になって私の
手に頭をあずけてウトウトしだした。
久しぶりに甘えることが出来てホッとしたのだろうと思う。

側でそっと話しかけたり撫でたりしているうちにアニーは
心地良さそうに眠りかけたり他のワンコの吠え吠えに時々驚いて目を覚ましたり
と40分程の時間があっという間に過ぎていきました。

お薬の時間になり看護師さんが来られたので
帰ることにしました。
連れて帰ってもらえない事を分っていたようで
騒ぐことも無く、ただただ寂しそうでもの悲しい眼差しで
じっと私の方を見ていました。


CIMG1926_convert_20101104145611.jpg
もう帰っちゃうんだ・・・


また来るからね。決して見捨てる訳じゃないからね。
大好きだよって言って部屋を出ました。


医院長先生と抜糸&退院の日を月曜日に
決定し、病院を後にしました。
入院中だから仕方の無いことだと分っていても
アニーが不憫でならなかった。

あと5日で退院だから沈んでないで頑張らなきゃ・・・

退院してもその後の看護&リハビリがとても大事で
なかなか素人には大変なので1ヶ月ほど
経験豊富なブリーダーさんに預ける事になりました。

アニーが我が家に戻ってくるのはクリスマスの前辺りかな~?
寂しいです


家に戻れば元気良く迎えてくれた
ヴィクター

へそ天で思い切り甘えてくる可愛いやつ!

CIMG1921_convert_20101104145655.jpg
撫でて~~~


私の悲しい思いをいくらか癒してくれる
ヴィクターをその夜も思い切り甘えさせてしまいました・・・
ヴィクター、ありがとう


CIMG1925_sh01_convert_20101104145518.jpg
やりすぎ・・・?


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/23-9608d4d2