アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ミックス犬=雑種犬
2015.11.07 (土)

ミックス犬=雑種犬

ヴィクターを連れて歩いていると
通りすがりの人に声を掛けられることが
しばしばあります。

「ぬいぐるみみたいで可愛い~!」ってね。

それは有難いし嬉しいです。

その後にたいてい「なんと言う犬種ですか?」
と聞いてきます。

「雑種です」 って答えると
中には「え~~~っ! 雑種ですか?
ミックス犬じゃないんですか?」 と、?な事を尋ねてきます。

雑種もミックス犬も一緒でしょ・・・

最近の流行で意図的に純血種同志をかけ合せて
“オンリーワン”のオリジナルな犬として
売られているミックス犬(雑種)をペットショップで多く見かけますが

遺伝的に問題が起こる場合もあるのに
どうして安易に作り出された雑種がもてはやされ
純血種と変わらない価格で販売されるのか
さっぱり理解できません。  

困ったことに、こうしたミックス犬を好んで飼う人の中には
自分の犬を雑種犬呼ばわりされるのをひどく嫌い
まるで雑種犬よりも価値のある特別な犬であると考えていたりするんですね。

私は純血種であろうが雑種であろうが
優劣をつけることなく、犬としてどちらも大好きです。

ただ、保健所で殺処分を待つ雑種犬も
ペットショップで特別なブランド犬のごとく売られているミックス犬も
同じジャンルの雑種だと思っています。

ケンネルクラブに公認されていない犬種であれば
自然と雑種のグループという事になりますよね。


111AaakYOAEb58U1446715903_1446715936.jpg
立派な雑種として誇りを持ってるよ!


ヴィクターは時に「ラブラドゥードルですか~?」 って聞かれることもあります。
確かにちょっと似ていますが
実際に近所で出会うラブラドゥードルのD君と比較してみるとちょっと違います。


そのラブラドゥードルは正確に言うと
オーストラリアン ラブラドゥードルで
オーストラリアのケンネルクラブでは公認の犬種
だそうです。

プードルのような毛質をしたD君の毛が伸びてモサッテ来ると
遠目で見るとヴィクターに似ていて
時々間違われることがあります。
散歩の途中で子供たちにDく~~ん!って呼ばれるんですから・・・


そんなD君に昨日、朝の散歩で出会ったので
一緒に写真を撮らせてもらいました。

いつもならカメラ目線バッチリのヴィクターなのに
なぜか名前を呼んでもそっぽを向き


qyNYulgGk11DmOQ1446785214_1446786132.png


再度トライしても
どことなく、ふてくされた表情になる。

気に入らなかったようでした。


I1qVug6i4smhGTZ1446822708_1446823254.png



ニチイグリーンファームからやって来たラブラドゥードルのD君は
もう末に何度もパパになっているそうです。

そのうち個体数が増えて人気犬種?になったりして。

日本のケンネルクラブで公認されていないラブラドゥードルは
いつか認められる日が来るのでしょうか?
実際にアレルギーを持つ人の介助犬やセラピー犬としてもっと活躍する実績が増えないと
難しいかも知れませんね。


hs7p_Vi4N23dDrL1446857108_1446857307.jpg
ボクも埼玉犬として登録してもらえるかな~?

雑種犬と言う響きが嫌いな人は
いっそう英語でいう、MONGREL ってことにしてみては良いかも知れませんね~。

ちょっと特別で格好よく聞こえますかね?


スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/280-fe3c580c