topimage

2017-10

2016年の初検診 - 2016.01.14 Thu

昨日、ワンズの定期検診で
いつもの動物病院に行ってきました。

アンラッキーな事に待合室は一杯で
待ち時間が長くなることは直ぐに予想できました 


全ての診察と検査が終了するのに3時間を超えましたが
仕方ありませんね。

アニーとヴィクター、共にエコーをかけて
胆泥症の状態を診てもらった結果

どちらもあまり良い結果とはならず
ちょっとガッカリ


胆泥がほぼ無くなっていたアニーの胆嚢の中に
再び胆泥が溜まりつつある状態でした。
それに脾臓の方にも若干変化が見られ
今後、そこも注意して観察して行く必要が出てきました。


ヴィクターの胆泥の量は昨年の11月に診た時より
さほど増えていないようでしたが
密度が濃くなっているようで今後、結石が出来ないように
注意して行かなければなりません。

その他の所に特に何も異常は見つからなかったので
良かったんですけどね。


アニーは薬を1種類
ヴィクターはこれまでの薬を少し変えて3種類出されて、
次回の検査までの50日分を袋にドッサリ入れて
持ち帰りました。


やれやれ・・・

まるでお年寄りのようですよ。


帰宅する途中で公園に立ち寄って
一日頑張ったワンズに気分転換の時間を与えて


Ju16kAmjL9n7DF11452771984_1452772011.jpg


FVF_dOhToQVWT541452763551_1452763760.jpg


paDmy7FPd6OgmRG1452763855_1452763886.jpg


次回の検査まで
また頑張ろう~っと、私自身の気分転換が出来たのでした。


2頭の犬の胆泥症の定期検診
それに2~3週間に一度のアニーの鍼治療

今年もワンズにかかる病院への支払いは・・・

考えなようにしよう~っと。


だって・・・

あなた達の命はプライスレスだから


FqUUdm0TzfbMWFy1452763255_1452763437.jpg




スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/294-abbfca7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

突然すぎた悲しいお別れ «  | BLOG TOP |  » 普通の日常に戻って・・・る

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示