2017_02
07
(Tue)20:55

アニーは冷え性

今日も午前中から風の勢いが強烈でした。

大阪に住んでいた頃
そりゃ、たまに強風の日はあったけど
現在住んでいるアニー&ヴィクター地方の乾燥した強風とそれが起こる頻度とは
比べものになりません!

やはり関東平野に吹き渡る ”からっ風” の勢いは凄いですね。

朝、風のない穏やかな日だなぁ~って思っていても
昼過ぎからビュービュー吹いてきて
夕方の散歩の頃は、至る所で乾燥した土が舞い上がって
空気が茶色~黄色くよどんでしまう有様です。 


そんな寒くて風の強い日でもワンズは喜んで散歩に行きますが
アニーは寒がりなので帰宅するとしばらくストーブの前から離れません。


来る日も

NzdyLdwgHcD75UO1486458893_1486458929.jpg


来る日も

nq11zBdThzcXesF1486458967_1486459005.jpg


冷えた身体を温めています。


寒さに強いはずのラブラドールなのに
やはり年齢のせいなのかそれとも体質的なものなのか?

アニーは鍼治療で診てもらう獣医さんに度々からだが冷えている。
血流も水分代謝も悪い、と言われます。
冷たい肉球は体が冷えている証拠と言われているが
アニーの舌の状態からも体調の不良の診断がつくようです。

そこでアニーの舌を見てみると


sRAEVDCRui_Arkm1486460589_1486460709.jpg


確かに・・・
口を閉じた状態の時でも横から(波打って)はみ出るくらい
むくんでいます。
色もくすんでいて少々紫色かかっています。

これは漢方では血流が停滞していて水分代謝も悪く
腎機能も低下している状態の時の舌だそうです。
典型的な状態だとか。


そこで、いつも身体がポカポカで
ぬくぬく肉球のヴィクターの舌と比べてみると


iQ0rwJ43TXglv_S1486460490_1486460547.jpg



綺麗なピンク色の舌で
歯から大きくはみ出ることなく、ほぼ収まっています。


明らかにアニーの舌とは違いますよね。


先月、31日に放送された「みんなの家庭の医学」で
人の冷え性を取り上げていましたが
ここでも同じように漢方外来の先生は患者さんの舌の状態も
診断基準に加えているとおっしゃっていました。

人間の舌の場合も全く同じなのですね。



現在、アニーには腎機能を助ける漢方薬を処方してもらっていますが
少しでも改善されることを願っています。
冷え性はそう簡単に改善できるものではないので
今、できることと言えば、
部屋の中を十分に暖かく保ってあげることですね。


来月で12歳の誕生日を迎えるアニー。
まだまだ元気で私のそばにいてくれなきゃ!



Z03YLg1KUf2p6DR1486444862_1486444916.jpg
身体が温まった事でリラックスし過ぎ? 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック