topimage

2017-10

新しい始まりの春 - 2011.03.07 Mon

このごろ何かと忙しく
更新できずにいました。

クラブ活動の都合で家を出て学生会館で大学生活を
送っていた娘がクラブを辞めたことで最後の一年は
家から通うことになったのは嬉しいのですが
それに伴い、戻ってくる娘が増やしてくれた色々な物を
収納するスペース作りにただ今苦戦しております~

その上、高校3年生の息子の大学受験も終わった後の
部屋の大整理と・・・

まあ~~~~~ゴミの出ること出ること

普段から家の中をもっと整理しておけばこれほどまでに
苦労をしないのだろうな~と、反省するばかりです

やっと4人の生活に戻れたものの
4月から息子が家を出ることになる予定なので
またまた3人の生活になるのかと思うとちょっとばかり寂しい気分です。

子供達が自立して離れていく日が近づいてきているのを喜ばなければいけないのだろうが
寂し思いの方が強くて・・・
いい加減に子供離れをしなくてはだめですね

自宅に戻ってきた娘に早速
甘えるヴィクターは得意の足の間で寝んねゴロ~ン

大満足の様子です



CIMG2477_convert_20110307000404.jpg
これからは一杯かまってね・・・


突然冬に逆戻りをしたかのような日もあるが
着実に春の訪れを感じる穏やかな日も増えてきましたね~

毎日のワンコとの散歩で通る川沿いの散歩道で
春の訪れを喜んでいるかのような生き物達を見るのが
一つの楽しみです。



カモ達もカップルになったり

PICT0001_convert_20110307110428.jpg
お邪魔虫さんが1羽


亀が甲羅干しをしていたり

PICT0002_convert_20110307110206.jpg


川鵜が現れて小魚を取っていたり

CIMG2512_convert_20110307110507.jpg


そして、綺麗なブルーの羽のカワセミがつがいで現れたり

CIMG2513_convert_20110307110532.jpg


その他にも私の知らない名前のいろいろな野鳥も
集まる川沿いの道はここを歩く多くの人たちを楽しませてくれています。

決して清流でもない川なのにこうして生き物達が集まって来てくれることが
嬉しいですね。
何時までもその愛らしき姿が見続けられる川であって欲しいと望みます。
昨年は狸もいたしキジも至るところでケ~ンケ~ンと
大きな鳴き声をあげてあちこちで姿を見せていたのですが
今年はまだ見ていません。

川の整備が進み、
これから川沿いの道も遊歩道に整備される計画にあるとか・・・

子供達が川遊びができるように階段を設けるそうで
何だかとても複雑な心境です。

人間の都合で自然が破壊されて行き、
野生動物たちの住処がどんどんなくなっていってしまうのは
とても悲しいことです。

人間と自然とがもっと上手く共存できるように
開発を進めていってくれればいいのですが実際、難しいことでしょうか・・・

この川に現れる様々な生き物達が姿を消してしまわないよう祈るばかりです。


草地の上は人間のみならず動物達が歩くのにも
足に優しく、残して欲しいのですがどうも願いは叶わないようです。

残念です・・・


PICT0001_convert_20110307113815.jpg
2010年4月の写真


こんなのんびりしたお散歩道をあとどれだけ
楽しめるのでしょうか?



スポンサーサイト

● COMMENT ●

若い!

ママさん、若い!
そんな大きな子供さんがいるようには見えませんでした。
子供さんの成長はうれしいけど、手が離れてさみしい気持ち、子供のいない私にもわかる気がします。

さっそくお姉ちゃんに甘えるヴィクターくん、ほ~んとに甘えたさんですね。
幸せいっぱいのお顔がかわいいですよ~♪

人工的なものより、自然のままのものの方が動物だけじゃなく人間にも優しいのにね。

若い・・・だなんてお褒めのコメントをいただけて恐縮です。
有難うございますv-237e-466
でも、やはり身体は正直に歳相応にガタが来ています。トホホe-444
それに自分でも落ち込むほど物忘れが多くてね・・・  少しずつ自分の身体(頭も)に自信が持てなくなってきているところが寂しいですね。
しかし、可愛いお子ちゃまのようなアニー&ヴィクターという存在がいるのですからまだまだ頑張らないとv-217

自宅周辺のここ数年の開発の進み具合が激しく、のんびりした風景が見る見る失われていってます。行き場の無くなった野鳥(ムクドリ)は大群で電線に止まりた~~~くさんの糞を落としていくのでその下のアスファルトは糞だらけです。v-399
早朝は農家の人たちは畑を守るために野鳥を追い払うために花火音をならすし・・・
いつも人間の都合で自然の世界に生きている動物達が犠牲になり悲しい現実ですね。

ご無沙汰してます!
地震大丈夫でしたでしょうか?
こちらは大丈夫ですが、ウルフが余震でかなりおびえてしまってます・・・
アニーちゃん・ヴィクターちゃんはどうですか?
もう少し余震が続くかもしれませんのでお気をつけください。

ご心配いただき有難うございます。
我が家はみな無事です!
地震当日、都内にいた主人と娘は帰宅できずにそれぞれ安全な場所で過ごしましたが、昨日午後に帰宅できました。
ワンズは大きく揺れている最中は立ち上がり、不安そうな表情を見せていましたがそれ以降、余震の際でも怖がることなく寝て過ごしています。ヴィクターは怖がりのはずなのに意外と平静を保っています。
ウルフ君は怯えているようで可哀相ですね。
余震が起こらなくなってウルフ君が早く落ち着けるようになるといいですね。がんばれ、ウルフ君!
お互い今後の余震に気をつけて行きましょうね。

タミー&シェルのママさん、
yunさん、

頂いたコメントに返信した際に名前を打ち込む箇所を間違えていました。今頃と言うか未だにこのように間違えまして失礼しました。e-466


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/41-4cb00e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大惨事 «  | BLOG TOP |  » お知らせ

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示