アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > 元気のないアニーと不安定なヴィクター
2011.04.19 (火)

元気のないアニーと不安定なヴィクター

今年の桜の開花は遅く
咲き始めたと思ったら一気に咲いたように感じます。

梅の花も例年より永く咲いていて
今年の春の花見はもっと楽しめたはずなのに
どうも盛り上がりませんね・・・



PICT0005_convert_20110419142011.jpg


毎年、同じ公園で満開の桜をバックに
アニーの記念写真を撮るのですが
被災地の事を考えると今年も綺麗な花を楽しむことが出来て
本当に有難いですね


PICT0007_convert_20110419142504.jpg
あたし、桜が似合うでしょ~


昨年からヴィクターも桜をバックに
記念写真を撮っているのですが



PICT0002_convert_20110419141943.jpg
どんなもんだい!


どうも
桜が似合わない・・・

PICT0003_convert_20110419142541.jpg
ぼくも似合う?


モサモサモップ犬では無理があるかな?



震災、原発による放射能問題、続く強い余震
と、気持ちが沈むことが多い中
先週は身内に不幸があり
バタバタと落ち着かない一週間となりました。

アニーはブリーダー元へ
そして、ヴィクターは掛かり付けの動物病院に
2泊3日預けることになりました。

初めて預けることになったマザコンヴィクターの事が
とても気がかりでしたが、
予想していた以上にヴィクターのハンガーストライキに
病院の看護師さんたちは手を焼いたようでした

いつも食べているフードも
大好きなはずのジャーキーも
全く食べなかったようです。   頑固なヤツ!

水も容器を口元まで持っていけば
多少飲む程度で、一日中小刻みに震えていたとか・・・

ヴィクターは過酷な環境の中で育ち、
もう少したくましさがあっても良いように思うのですが
そうは行かないのですかね?
この甘えん坊のマザコンベイビーをどうすれば
もう少し自立してくれるのか何方か良い方法があれば
お教え願いたいです~


アニーは脚の事があったので
全て良く分っているはずのブリーダーさんの所に
預けたのですが

戻ってきたアニーは
とても痛々しい様子で、手術した脚に体重がかけられないほどでした。
その上、左の前足の肘と両方の後ろ足のかかと部分に
大きな床ずれのような傷が出来ていて
浸出液と血液の入り混じった物が被毛にこびりついていました。
未だにじくじくと血がにじんでいて少々腫れた傷は治るまで暫くかかるでしょう。



PICT0002_convert_20110419171756.jpg


PICT0001_convert_20110419171829.jpg



ブリーダーさんいわく、毎日若いワンと遊んでいたから
オーバーワークだったのでしょう。休ませておけば大丈夫。
ですって・・・

若いワン相手にアニーは相当無理をしたんだろうな・・・


4日経っても未だ僅かしか体重が掛けられず
用足しでしゃがむのもやっとの事で、トイレの時以外は
自らクレートに戻る有様です。


アニーのリハビリに毎日取り組んで
ようやく 自然な歩行が出来るようになり、随分回復してきたと
喜んでいたのに 今のアニーは退院した当初の状態に戻ってしまった
ようで悲しくて仕方ありません。
しっかり管理してもらえるものと安心して託したのに
心底、失望してしまいました。
この先の関わり方を考え直す良いきっかけが出来たと
感じました・・・


それにしても、手術してもう半年になるのに
未だに脚が弱いのはどうしてなのかな?

近いうちに一度、大学病院のスペシャリストに
診てもらいに連れて行こうかと思います。





PICT0008_convert_20110419142040.jpg
早くもサマーカットをしてもらったのだ~


外見はモサモサ冬バージョンからスッキリ夏バージョンに
変身したヴィクター
内面も変身して欲しいものですう~




スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/45-92c4e3a1