アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > 嬉しい誤診?
2011.11.18 (金)

嬉しい誤診?

アニーのお腹のことで
先週からご心配をおかけした皆様に
良い報告ができます。

先に、結果を申し上げると
アニーには現在、心配していたような
悪性腫瘍のようなものもなければ
特別、膵臓の病気があるわけでもないことが
判明しました。


特別な異常はない


と言うことでした!!!


先週、実施したアニーの血液検査の結果
疑われていた膵臓の病気(膵外分泌不全症)の疑いが
なくなったと分った月曜日、

原因究明には先週言われた通り、
細胞組織をとって調べるしかないと獣医師に再度言われました。

全身麻酔をかけて内視鏡で組織をとる方法があるが
より正確な検査をするには開腹した上で組織をとった方が良いのでは・・・
と勧められたのです。

いきなり開腹して組織検査だなんて
どうしても納得がいかなかったので急遽
6月に肢の手術をした大学の付属動物医療センターで診てもらえるよう
直ぐに手配をしてもらいました。


そして水曜日、
アニーを連れて医療センターに向かったのです。

初めに問診が行なわれ、
アニーのこれまでの経過と近所の動物病院で受けた説明をしました。
そして一旦アニーを病院側に預け
再度の血液検査とエコーの検査をしたうえで
内視鏡検査に踏み込むかどうか決めるとの説明を受けました。

内視鏡検査は避けられないかも・・・
と覚悟していたが2時間後に診察室に呼ばれて
びっくり


血液検査の結果は

全て正常

そして、エコーの結果も特に異常は見当たらないと・・・

しいて言うならば若干十二指腸に
通常の状態とは少々違う所が見られるが
だからと言ってわざわざ全身麻酔を掛けてまで検査をする必要性はないのでは?
と言われました。

経った1週間前に測定不能な異常な炎症反応があったのに
これほど早く正常値に下がりうるのか、先生に尋ねてみたところ


・・・・・・

首をかしげて、考えにくいと答えられました。

それに、もし本当にあのような異常な炎症反応があったとすれば
もっと全身症状となって現れていて アニーは立っていられないほど
辛そうにしていたはず、とも言われました。


確かに・・・


そこでアニーのお腹の不調の考えられる原因として、一種のアレルギーで
フードが合っていないのではないかという疑いが出てきました。
アニーの皮膚の状態は全体的に赤みを帯びていて炎症もあり
皮膚に炎症があるって事は腸内にも炎症が起こっている可能性があると指摘されました。
そうなるとわずかなストレスにも腸は敏感に反応して
下痢をしてしまうのかもしれないと。


アニーにもヴィクターにも元気で長生きして欲しいと願って
フード選びにはとても気を使っていて、いろいろ試した結果
自分では最高のフードを選んでいたつもりだったのに・・・
本当に身体に合っていなかったのかな~?

とりあえず、先生に勧められた通りの療法食でしばらく様子を見て、
アニーの体調を注意深く見て行く事にしました。
本当は手作り食にしてあげれば一番良いのかもしれないが、
続ける自信がないなぁ~
なんとか頑張ってアニーに合うフードを探す方が現実的かも知れません。


それにしてもあのまま
近所の獣医師の言う通りにそこの病院で治療を続けていたら、
アニーはお腹を切られていた・・・
と思うと恐ろしくなってきます。


いったいあの血液検査で出た異常な炎症反応はなんだったんだろう???
機械の故障?
それとも検査の仕方に問題があったの?
この1週間、いろいろなことを考えて落ち込んだり泣いたりと

しんどかった。


謎が解けることはないだろうが
何はともあれ、アニーが心配していたような病気じゃなくて

本当に良かった


昼過ぎに医療センターを出て
あまりにも気持ちが晴れ晴れしたものだから
帰り道の途中にある秋ヶ瀬公園に立ち寄りました。


PAP_0061_convert_20111118193103.jpg
ここ来た事あるね~


久しぶりに自宅近辺以外の公園に来れたアニーは
私と同じく、とても嬉しそうにはしゃいでいました

普段より遥かに軽快で速い足取りで右に左にと
匂いかぎに夢中!
この1年、車に乗る時は病院行きがほとんどだったので
さぞかし楽しかったんだろうな~

全然疲れた様子を見せなかったもんね


PAP_0062_convert_20111118193229.jpg


PAP_0060_convert_20111118193202.jpg
帰りたくない・・・もっとあっちに行きたい


50分ほど、静かな公園の中で大地と木々の匂いに癒されて
ゆったりとしたお散歩を楽しむことが出来ました。

まだまだ歩きたそうにしていたアニーでしたが
疲れているはず!
また連れてきてあげるから、と言い聞かせて
車に乗せました。


悶々とした気持ちで過ごした1週間でしたが
安心できた今、健康であることを改めて有難い
と思えますね。



PAP_0057_convert_20111118201544.jpg
ぼくも安心したよ


それにしても
病院選び・・・気をつけましょうね。



スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/71-9324f517