topimage

2017-10

ヴィクターとの根競べ - 2012.02.28 Tue

毎日、朝と夕方
2頭のワンコの散歩に出ます。
それも別々に1頭ずつ連れて行きますが
先発隊のヴィクターの散歩時間が、ほぼ、毎回、
1時間~1時間半にも及ぶので疲れますね~

歩く距離にすると、驚く程のものではないのに
どうしてそんなに時間がかかるかというと・・・


ヴィクターの帰宅拒否行動があらわれるからです 


スタコラサッサ歩いていたヴィクターはお散歩コースの折り返し地点を
過ぎると少しずつ足取りが重くなり、
自宅から100~200メートル付近に来ると立ち止まったり、
居座ったり、時には寝転がったりして時間稼ぎを始めるのです。



PAP_0077_convert_20120228003930.jpg
いやだ!帰らないからね~


こうした行動を取るようになったのは昨年の夏からでしたが
その抵抗ぶりはますますレベルアップして来たかな?


始めのうちは足か腰か、どこか身体の異常かな?と心配したが
進む方向を自宅と反対方向に変えてみると元気に歩き出すし
私以外の人と一緒の散歩では、抵抗するどころか逆に、
急いで帰宅しようとするので

違うって事ですね。 


私が思うに、自分の散歩が終わると次はアニーの散歩となり
留守番をしなければならないから
帰りたくなくて抵抗しているってことでしょうか?


トリーツを使って導いて行くとある程度ついて来るが
簡単にもらえないと分かると諦めて、プイッと顔をそむけ、居座り始めます。
そこであまり焦らさないでトリーツをあげるようにしてみても、
口にした途端、居座りを開始します・・・


まったく


どっちにしても抵抗するつもりなんだ 



ならばトリーツ無しでヴィクターのリードを引っぱると
座ってしまい、更に引っ張ると今度は伏せてしまうのです。
そこで、立ち上がらせるために抱き上げようとすると
ひっくり返って仰向けになり、
全身の力を抜いて鯵の開き状態になります。




こうなったらお手上げ 


抱き上げる事はできません。

なので強引にリードを引っ張ってもダメなのです。



また、楽しい気分を起こさせて歩きださせようと
遊びに誘っても


シラ~~~ッとしていて
乗ってきません。



なかなか手ごわいヤツなのです。




そこで、ヴィクターが歩き出すまでしばらく
そう、時には15分近くも、だたただ背を向けて立って待ちます。


ヴィクターがあまりにも頑固な時は
車や人のあまり通らない道であれば
リードを離して(本当はしたくないことですが)振り返らないで
先を歩いて行きます。


すると後ろの方でトコトコと後を追って来るヴィクターの
足音が聞こえてくるのですが
私が後ろを振り向くとその足は止まり、また、座る体制になるのです。



PAP_0078_convert_20120228003905.jpg
本当にイヤだからね!



やれやれ


“だるまさんが転んだ遊び”をしている程暇じゃないんだから


そんな事を繰り返しながら
歩けば5分しかかからないであろう所を
30分近くかかることもあります。


毎日、ヴィクターと繰り広げている根競べ。


いつまで続くのか。。。


打開策を探っているところですが
まだ、見つかっていません。


やはり、根底にあるヴィクターの分離不安を解決しない限り
難しいのでしょうか?


手のかかるヴィクターに多くの時間が費やされて
いつも待たされているアニー・・・

ごめんね

そしてありがとう。



CIMG3330_convert_20120228111404.jpg
やっとアタシの順番が来た。。。








スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

またもやウルフと類似することが!
ウルフの場合はお散歩にこれ以上行きたくない・・・電車の音が怖いし、あそこの家の犬がワンワン吠えるし・・・なんだかわかんないけど怖いし・・・っな感じです。
ウルフも居座り少しでもリードを引こうものなら人間の子供のように寝そべります(大汗)
通り過ぎる人たちに「あら、まぁ」って顔されますよ・・・
あまりこちらも譲らないでいるとパニックみたいになりなんとか戻ろうと騒ぎだす始末です。
ウルフもだんだんひどくなってきているような気がします・・・
分離不安ですか・・・確かにあの環境からですからね仕方ないといえばそうですけど、このままではヴィクターちゃんもママさんもアニーちゃんみんながしんどいですもんねーなんとか良い打開策が見つかるといいですね !

似たものどうし

不思議ですね~
いくら同じ環境で育ったとはいえ、これほどまでに類似した行動を取るようになるものなのでしょうか・・・?
同胎の兄弟犬でも、同じ環境のもとで育っているのにもかかわらず、違うタイプのワンコに育つ事があるのに。

ヴィクターやウルフ君の駄々をこねる子供のような行動は否定しないで受け入れて行くことが必要なのでしょうかね~?
難しいですね。 時間と心のゆとりのない時は、特にね。  

No title

1時間半はきついですね~!
帰りたくないんじゃなく、一人で留守番したくないんですか。。。
う~ん、難しいですね。

実は、うちはまだシェルを一人で留守番させたことがないんです。。。
タミーは全然平気で留守番してくれるんですが。。。
どうなっちゃうか怖くて一人で留守番させられない、きっとパニックになるだろうなぁ。。。って思うんです。
きっとシェルもヴィクターくんやウルフくんと同じ行動にでる気がします。
いや、もっと大変なことになりそうな。。。
誰かにくっついていないとダメなコなので。。。って、飼い主の私の方が分離不安気味??
でもこのままずっと誰かがいてくれる生活が続けられるとは限らないし、なんとかしないと。。。ですね。

お留守番

タミー&シェルのママさん、

シェルくんも一人(犬)ではお留守番が出来なさそうですか・・・?
男の子の方が女の子より内面、甘えん坊なのかもしれませんね~。(-_-;)

ヴィクターはアニーを連れだしている間中ずっと窓にへばりついて外を見つめて待っています。 まるで置物であるかのように見えるほど、動くことなく、ひたすらじ~っと睨んでいるのですよ。 ちょっと怖いくらい・・・(・_・;)
吠え続けていたころの事を思えば良くなったと思いますが、出来ればリラックスして、くつろいで待てるようになってほしいものです。

シェル君、ウルフ君、そしてヴィクター。 みな、似たような不安定な要素を持っていますが少しずつ克服できるようにサポートして行きましょうね。共にがんばりましょう~v-217


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/87-becc9ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

静かに祝った誕生日 «  | BLOG TOP |  » わがまま?

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示