アニーとヴィクターと満たされる日々 | TOP > ヴィクターとの次のステージ
2012.05.20 (日)

ヴィクターとの次のステージ

15日(水曜日)に前日より延期になった
秋ヶ瀬公園の散トレ第二弾へ参加してきました。
前日の肌寒い天気とは打って変わって朝から晴天で暑くなる事を
感じさせるお天気となりました。

時間の経過とともに日差しは強くなり、暑かったけど
風があって空気も乾燥していたので日陰に入ればとても気持ち良かったですね。



CIMG3623_convert_20120517223511.jpg
風が気持ちいい~♪


今回はヴィクターの弟分のような存在でほぼ毎日散歩で出会う
ホップ君も一緒の参加となり兄貴分としての頑張りを見せる事が出来たかな?


CIMG3637_convert_20120518233620.jpg



これまでヴィクターの社会化のために色々な人にオヤツをいただいて来て、
その甲斐あって、ほとんど問題を感じないくらい
社会化を図る事が出来たと思います。
しかし、それと並行してオヤツをもらうことが大好きなヴィクターのおねだりは益々エスカレートし
笑えないくらい強引でシツコクなってしまいました。

すっかりオヤツの魔力に取りつかれています・・・ 

オヤツをもらうことを控えてもらった方がよいのか
それとも、ヴィクターの大きな楽しみの一つとして
頻度を減らしてもらう程度にした方がよいのか
迷っていました。


その事をチャーリーママさんに相談したところ
もう社会化がかなり出来てきているので人にオヤツをもらう事をやめて、
もらえるのは私からだけにしてみては?との提案を受けました。
ヴィクターの大きな楽しみを無くすのはちょっぴり可哀想な気もしますが
おねだりばかりに神経を使っていて落ち着いてお散歩が楽しめないのなら
その状況から解放してあげないといけません。
そしてもっと私とのお散歩、私とのコミニュケーションを
楽しんで行けるようにしたいですね。


これからは出来る限りお散歩で出会う飼い主さんからのオヤツも
控えていただくようにお願いしなくちゃ・・・


CIMG3632_convert_20120519001839.jpg
まさか・・・



チャーリーママさんのリード使いでグッパーの指導をうけている飼い主さんの横で
一緒に見させていただき、そして実際に体験してみて
これまで分かっていたつもりの自分のリード使いとは違うことに気付いたのです。



私が想像していたものよりグーでリードが固定された感触がソフトで
パーでリードが緩む瞬間もわずかながらもちゃんと分かるのです。
そして連続して行われるグッパーが小刻みで速いのです。


今頃、と言うか、ようやく気付く事が出来、
これからはヴィクターにとって、より負担の少ないリード使いが出来るように
心がけて行きたいですね。


グイグイ引っ張る事をしなくなったヴィクターがこの先めざして行きたいのは
私の横で脚側で歩くという次のステージです。
5メーターリードを使っていつも右に左に自由奔放に歩いてきたヴィクターも
そろそろ脚側で歩行ができるように練習を重ねていくことをママさんに勧められました。

もちろん強制的に横につけさせるのではなく
ヴィクターに取って私と共に脚側で歩く事が心地よいものであるって事を
教えて、自らその方法を選んで行けるようにしていく練習です。

自由にふらふらと歩いて散歩を楽しむのも良いが
脚側歩行も負担なく、楽しんで出来るようになってもらいたいですね。



CIMG3626_convert_20120519233905.jpg


CIMG3629_convert_20120519234100.jpg
呼んだ?



この秋ヶ瀬公園は飼い主の大切な学びの場でもあるし
緑に囲まれた自然豊かな心癒される場でもあるのです。



来月は定員が一杯となっているため次回の参加は秋口になってからでしょうか?

それまでヴィクターと共に次のステップへコツコツと進んで行けるよう頑張りま~す 




CIMG3636_convert_20120520000441.jpg
また一緒に来ようね



お世話になった皆さま有難うございました。

次回お会いする日を楽しみにしています。 ♪





スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/tb.php/99-3645ad58