topimage

2017-09

沸き起こる創作意欲 - 2017.06.29 Thu

tGLoxAHGNYOC3Rq1498697630_1498697694.jpg


この所、梅雨空で蒸し暑い日が続いてますが
皆さんは体調を崩していませんか~?

身体が異常にだるいし胃腸の働きが弱っている私です。
季節の変わり目やちょっとしたストレスでもすぐに胃腸に影響が出てしまう体質みたいで
本当に嫌になってしまいます。
特に近年、調子を崩すことが増えて
こうしたところにも老化(嫌な響きですね~)を感じてしまいます。  (;´д`)トホホ

この夏を乗り切る体力を蓄えるのに
早く胃腸の調子を整えておかないとね!

頑張ります

胃腸の方はイマイチ元気はありませんが
何故か最近、ちょっとやる気のある私なのです。

しばらく沈滞していた手作りの物を作る創作意欲が
再び沸き起こってきているのです。
と言ってもそんなびっくりするような芸術的なものはつくれませんよ。

私が作りたいと思う小物ばかりです。
それも、当然ながらワンコグッズ。 


私が作った作品その一は

じゃじゃ~~~ん♪


OfuSnrzVDjx2Ot01498713405_1498713435.jpg
ちょっとくらいは嬉しそうな表情を見せてよ~、アニー・・・


アニーのフードボウルスタンドです 

ホームセンターで希望通りの寸法に木材板をカットしてもらい
それらをビスで止めて、後はちょっと可愛くトールペイントで仕上げました。


JrYDR6lbDHBaMeZ1498713202_1498713326.jpg


これまでアニーはフードボウルスタンドに園芸用のフラワースタンドを利用していて
いつか作ってあげたいと思っていたので
それがようやく出来たというわけです。


そして、勢いに乗って
手がけた作品その二は

じゃじゃじゃ~~~ん(^^♪


SJP1XbffZNVMObR1498709426_1498709524.jpg
相変わらずテンション超低いアニー


こちらは作りかけの物で
このたび、一気に完成させたクリップボードです。


yGcxtYiKoYnjzCZ1498437223_1498437317.jpg


ワンコの物を作るのって
本当に楽しいんです! 🎶

まだまだ創作意欲は衰えていないので
この勢いに乗って買いだめしてあるトールペイント材料を
出来る限り手がけていきたいと思います。

もちろんアニー&ヴィクターシリーズでね 




異なる意味のKY犬たち - 2017.06.16 Fri

梅雨入りしても、たいした雨も降らず
比較的カラッとした過ごしやすい日が続いていますが

おかげで人間もワンズも身体が楽ですね~ 

ワンコたちは概ね体調は良いのですが
アニーの長引く左耳のマラセチア外耳炎にだけはちょっと手こずっています。
これまで何度も外耳炎にかかった事はありますが
今回のように長引く質の悪い外耳炎は経験がありません。

耳の汚れを拭き取り
抗菌剤&ステロイド入りの点耳薬を利用したりと
毎日のお手入れを欠かさず行っているのですが
もう、かれこれ半年ほどぐずぐずと長引いています。

少し改善に向かったように思えた時期もあったのですが・・・

で、 一昨日もアニーを連れて動物病院に行き
耳の奥の方までの洗浄の処置を行ってもらいました。


1Ke33OKUtRwG8Vk1497522992_1497523074.jpg


家庭で出来る洗浄やふき取りには限界があり
やっぱり奥の方までしっかりと汚れを取ってもらうには
獣医師でないと難しいですよね。

茶色い耳垢がごっそりとれました

外耳炎が慢性化しているのかなぁ。
先週処方された点耳薬がなくなれば
再び診察となります。

治ってほしいな~

耳のお手入れのついでに
腹部のエコー検査も前倒しで行ってもらい
胆嚢に胆泥がたまっていないことが確認できました。 
耳の事ではガッカリでしたが胆嚢が綺麗だったので一安心。

まあ、喜べることが一つあっただけでも良かった事にしよう。

病院の待合ホールでのアニーはいつも至って良い子で
静かに落ち着いて待っていられるので
私はストレスを感じることはありません。
なのでたとえ通院に時間がかかってもさほど疲れないのです。


xW6q7Pg9hMilbbJ1497496299_1497496403.jpg
つまんない・・・


比較するのもなんですが、ヴィクターと病院に行くときは
それはそれは疲れます。
未だに病院の待合ホールではぶるぶる震えるは
ヒーヒー鼻を鳴らしてなくし
時にはパニックになって椅子に乗ろうとしたり(普段絶対にしないこと)
私の膝の上によじ登ってしがみついて来たり・・・

あまりにもうるさい時は
大きな赤ん坊を抱っこするように
ヴィクターを抱っこしてなだめることもあります。
重くて死にそうになるし、汗だくですよ 

そこまで嫌がる犬って滅多にいませんよね?


犬はそれぞれに違った個性があって当然なのですが
ヴィクターはアニーと大きく異なる個性の持ち主です。
そのギャップが面白いと感じる時もあれば
どっと疲れる時もあります。

毎日の事ですが
私が台所で食事の支度や後片付けをしている時
ほぼ、決まってヴィクターは調理台やガスレンジの真下に来ます。
そして、そこで寝るのです。

v4yIRTJQ8cZn1ao1497495740_1497495898.jpg
あの~今からそこで作業したいんですけど・・

非常に邪魔だと感じるところで。

アニーも時どき一緒に台所でくつろぐ事もありますが
私が立つ調理台の後方で常に私の方を気にしてくれています。



_qigs7B5h2U1hLQ1497524088_1497524193.jpg


そして、アニーに移動してほしくて、
一言、「アニー、ちょっとごめんよ~」って声をかけただけで
サッとどいてくれます。


ETfSgDja9ROm9fF1497523100_1497523199.jpg

一方でヴィクターは
声をかけただけでは絶対にどいてくれません。
押しのけようとすれば逆に寝そべって
全身の力を抜いて抵抗します。
かなり手強いKY犬ですね。
空気が読めない、っていうか、空気を読まない、読もうとしない犬なのです。

それでも調理するものによって
足元にいられたのでは危険だと感じる時
強引にでもその場から移動させますがね。


ヴィクターとは対照的で
声もかけていないのにアニーは気配を察して
自らクレートの中にサッサと入って行く事が多く
自然と空気を読でしまう犬といえます。
そんなアニーでとても助かっているのですが
実は、去って行かれる時、なんだか無性に寂しいと感じる事も多いのです。

台所での作業中に足元にいられることが邪魔と言えば邪魔なんですが
案外それが嬉しいと感じる矛盾もあるんです。
側で気持ちよさそうに寝ている存在を合間合間に感じるだけで
なんだか安心で幸せな気分に浸れる私って

やっぱり犬バカですよね~


アニー、
そんなに気を使わなくてもいいのに。
もうちょっとこのままいてても良いのに。
ヴィクターみたいにもっと我儘言っても良いのに。
本当に移動してほしい時は言うから
それまでは近くにいてて欲しいんだよって、

特に強く感じる今日この頃です。


空気を読まない犬と
空気を読んでしまう犬。

それぞれ異なる意味のKY犬ですが
どちらもカワイイ存在です。

今日もヴィクターは一杯邪魔してくれるんだろうね 


hSvWfhPSlKTX1M31497496018_1497496240.jpg




ヴィクターのルーツ - 2017.06.04 Sun

これまでヴィクターと歩いていると
初めて出会う人には必ずと言って良いほどヴィクターの犬種の事を尋ねられ
雑種だと答えるとたいがいとても驚き
プードルが入っているんじゃない? とか テリアが入っているわね~、とか
絶対にゴールデンレトリバーが入っていると思うわ、 とか 色々と分析されて来ました。



4zFmzzWZkcCePpH1496365747_1496365862.jpg



謎に包まれたヴィクターは私の分析では
恐らく日本犬系、テリア系
それとシープドッグ系(オールドイングリッシュシープドッグみたいな)の犬種が
少なからず入っているのではないかと思って来ました。
そして、最近、ブービエ・デ・フランダースにもちょっと似ているなぁって思ったりもして・・・


このままずっと謎のままのヴィクターであり続けるものと思っていました。


それが、
あることから犬のDNA検査が簡単に出来ることが分かり
それも、さほど高額な検査料ではないと知ると
もはや私の知りたい病を抑えることはできなくなりました。

早速、ヴィクターのDNA犬種鑑定を依頼することに決めた
Orivet jp. http://www.orivet.jp/index.phpに犬種鑑定を申し込み
検査キットを送ってもらったのが今から2カ月ほど前です。

検査と言っても家庭で出来る簡単なもので
ブラシの付いた綿棒状の物を犬の口の中に入れ
頬の裏側をこするように口腔粘液を採取するだけなので
犬には全く苦痛を与えないのです。
それをヴィクターが寝ている間にそっと行いました。

3回採取した粘液のサンプルを郵送してしまえば
後はアメリカの研究所からの結果を待つのみ。

で、郵送してからおよそ1カ月半経った先週月曜日
ようやく待ちに待った検査結果が送られて来ました。  

ドキドキわくわくしながら封筒を開けて
レポートを見て・・・

一部、私の予想は当たっていましたが
想像もしていなかった犬種が入っていたことに
ただただ驚きです!   Σ(゚Д゚)


MDHpx0gKBsl6tE11496364437_1496364539.jpg



祖先犬に関するレポート


VICTOR を 作り上げたのはどんな犬種かな?
Wisdom Panel Insightsのコンピューターアルゴリズムは、11の異なったモデル(単犬種から複雑な組み合わせまで)を使用して700万を超える計算法で行われます。これによりVICTOR のDNA配列のパターンに最も適合する組み合わせの純血種犬と混血種犬を三世代にわたり推測します。下図の祖先犬チャートはこのような分析による結果の近似値を描写したものです。


結果によると、ヴィクターは以下の組み合わせで作り上げられているそうです。


柴犬/混血種犬 × 秋田犬/チャイニーズシャーペイ/日本スピッツ/混血種犬


oS4BhFdXhVyaqTq1496547029_1496547165.jpg



日本犬である柴犬、秋田、スピッツはあるていど納得できるし
さほど驚かないのですが

チャイニーズシャーペイですって???
誰だって驚くでしょう!
あのシワシワのたるんだ皮膚の中国原産の犬ね。

言っちゃ悪いけど・・・個人的にこの犬種の特徴が出てなくて
よかった。 

祖先犬チャートを見る限り
ヴィクターのあの顔周りを含む、全身モサモサの特徴を持った犬種は
どこにも見られません。

そこで次に注目したのが MIX BREED と表記された犬種のところ。
○○犬と明確に確定できない祖先犬は MIX BREED つまり、混血種犬(骨マーク)と記されています。
その内訳(近いDNAの犬種)の複数犬種がリストアップされたレポートを続いて見ると・・・


ov0Akea7gYTGjHY1496364575_1496364633.jpg


遺伝的構造を見た場合
イビザンハウンド、プーリー、ブービエ・デ・フランダース、ダルメシアン、マレーマ・シープドッグなど
少ない割合でみつかっている犬たちが
ヴィクターの混血種祖先犬を作り上げた犬種に近い可能性がある、と記されていました。


TIg7vsYEZMIYR8p1496364678_1496364717.jpg
イビザンハウンド

イビザンハウンドは・・・
少しモサッテいるところ以外はヴィクターとはかけ離れているかな?


g90_Xn43ftlcxpQ1496364819_1496364866.jpg
プーリー

プーリーのモサモサのところはあるかも・・・


zPBwB1KExm0tCB31496364900_1496364935.jpg
ブービエデフランダース


ブービエ・デ・フランダースのモサモサ感は良く似ていて一番ヴィクターっぽいけど
黒い被毛ではなく茶色い被毛のワンコを見てみると


ZOFqCISIWcCePi91496365217_1496365252.jpg
ブービエデフランダース    (インターネットの画像からお借りしました)

あるある!!!!
そっくり!
なななんと

まるでヴィクターみたいではないですか?!
以前にブログで紹介した事がありましたが・・・ 
http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/blog-date-201703-3.html

そのまさかのブービエ・デ・フランダースのDNAがヴィクターの中にある可能性があるなんて!
割合でいうとホントに少ないのでしょうが
明らかに顔立ち、姿、被毛の感じに強く表れていると思いませんか?

残るダルメシアン(画像は省略)も
マレーマ・シープドッグもその犬種らしきところは
ヴィクターには見られませんね。



5asVZvkfva79vaZ1496416072_1496416110.jpg
マレーマシープドッグ     参考までに


ヴィクターの性格でつんでれなところは
一般的な日本犬の性格そのものだと思えるけど
ルックスはね  (ΦωΦ)フフフ…  
やっぱりブービエ・デ・フランダースが最も有力でしょう~!

多くの人に言われ続けてきたプードルもテリアも
どちらもヴィクターの遺伝子の中にはなかったってことが大きな発見ですが
それにしても、
良くもこれだけ色々な犬種、それも海外の珍しい犬種の遺伝子を持ったもんだ!
どこでどうやってこうした珍しい犬種の遺伝子を持った混血種犬と混ざって行ったのか、
ヴィクターのルーツを想像すると、やっぱり謎の多い先祖には変わりありませんね。


いや~~~
実に面白い検査結果となり
やってよかったと思います。  


Lxl6JxNIozkfzhA1496366498_1496366624.png


ブービエ・デ・フランダースか・・・


面白いぞ、ヴィクター!


パピーだった頃のアニーが残してくれたもの - 2017.05.26 Fri

最近、家の中をあちこち整理するモードの私です。 

ハハハ (笑)、滅多にない事ですがね・・・

これまで気にはなっていても見て見ぬふりをしてきた個所に
手を入れ始めたら
次から次へと手を付けたくなり 
時間のある時は整理しているのです。

整理して不要なものを処分していくと
スッキリするし、探していたものが出てきたリ
ちょっとした発見もあったりであっという間に時間が過ぎていきます。

そんなことで、
ワンコたちのグッズを入れているボックスを整理していたら
こんな物が出てきました。


wNyyF3DfwrTsfcR1495769198_1495769247.jpg


抜け落ちたアニーの乳歯が出て来たのです。

マズルの横の小さい歯は飲み込んでしまったのか、
その当時、何処にも見当たりませんでしたが
奥歯と犬歯は床にポロッと落ちていたのを思い出します。


取っておいても何にもならないアニーの抜け落ちた乳歯ですが
私にとって一本一本が大切で愛おしくて
捨てずに大事に残しておいたのです。 

小っちゃいなぁ・・・

あの頃を思い出すよ。



kV9maw3Vq_buk861495773000_1495773042.jpg
生後6っカ月の頃のアニー



あれからもう12年か・・・

いかんいかん!
今日みたいに雨降りの日はどうも
気分までも湿っぽくなってしまう。

前向きで明るい気持ちで
まだまだアニーとたくさんの
楽しい日々を積み重ねて行かなくっちゃ!


HOHqb0SxMuoToze1495768569_1495769126.jpg



さてと、
これから何処の整理に時間を費そうかな~?

頑張ろうっと 











一緒に楽しめるワンズとの遊び - 2017.05.20 Sat

5月といえば気温は不安定で
寒暖の差が激しいって事はわかっていたけど
昨日からの暑さはなんなの?!!!

まだ5月なのに・・・

The weather channel によると昼間の外の気温は、33℃でした!
真夏日のような暑さでワンズがバテて来たので
今年、初冷房を入れてあげました。

33℃って・・・早すぎ~!
まだ5月ですよ・・・  

湿度がさほど高くない時は少々の暑さでも
ワンズは意外と大丈夫なのですが
今日は耐え難い暑さだったようです。 


40gyJMtmTSoRxfi1495286815_1495286863.jpg
放任栽培でも毎年楽しめるコンボルブルス



これから暑くなる季節はどうしても室内で過ごす時間が多くなります。
そうなると退屈になりがちなワンコたちですが・・・

今年の夏に間に合うよう室内で遊べる道具を
作ったのであります!   (ΦωΦ)フフフ…

遊べるって言っても身体を使ってというより
鼻と頭を使って遊ぶものです。

名付けて オヤツどこどこ
        (名づけ by ホップちゃんママ)

Y89cwUy5z9ba6nE1495282994_1495283136.jpg
プランター入れかと思ったよ…


どこかで似たような物を見かけたことがあると思うが

そう、警察犬が臭いをかぎ分ける高度な訓練の時に
使う道具にちょっと似ているでしょう?
そこからヒントを得てホップちゃんパパさんの手もお借りして
完成させたのです。 

一個の植木ポットの中にオヤツを入れて
蓋をし(ただいま準備中)、わずかに匂うオヤツの入ったポットを当てる。
そして最終的にはそのポットの前で座って待つ、
あるいは鼻先でそのポットをつつく(どちらにするかまだ検討中)

どうです?
アニーは学習能力が高いのでいずれ出来そうな気がするけど
ヴィクターはね ( ^ω^)・・・


まあ、毎日少しずつ楽しみながら取り組んでいこうと思います。 

この遊びだとアニーが先々、歩くことが困難になったときでも
鼻を使った遊びならできるので
長く一緒に楽しめるのではないかと期待しています。 

ポットの中におやつを入れて探すことが簡単にできるようになったら
徐々にレベルを上げて行って
特定の匂いのするもの(例えばラベンダーの香りのする布)を探させるとか・・・

果たしてどこまで出来るか分からないが
これを使って色々な遊びを工夫できるよう
私自身、頭を使って考る努力をしなきゃね!


MSWJzJycGPGLRZ_1495287040_1495287094.jpg
ママ、ありがとう~!(って思ってくれているよね)

EXkMkhhVb9IqUx11495287333_1495287441.jpg
ボクはおやつバージョンでのみ参加します



いつか上手に出来るようになったらお披露目したいと思ってます。
がんばるわ



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示