topimage

2017-08

気になる白血球数 - 2017.03.29 Wed

ヴィクターの胆泥症の経過観察のための定期検査に
今日病院へ行ってきました。  


hTMfzzM91x9fbjr1490783126_1490783179.jpg



先月のエコー検査で気になる個所があったのですが
今日はその問題個所はなくなっていたし
胆泥の量も減っていました。 

改善が見られたことは喜ばしいことです。

が・・・

血液検査で白血球が
かなり低い数値にまで落ち込んでいました。
血液検査の度に、白血球数が減少していて
今回の数値は過去最低となりました。

体質的に少ない個体もあるそうですが
ヴィクターのように減少していくばかりは
ちょっと気になるとの事でした。

今日の白血球数は4600 (正常値6000~17000)で
今後、3000くらいにまで減少するようだと
一度、骨髄の検査をした方が良いかもしれないと言われました。 

アニーも白血球が少なく、たいがい5000前後を行ったり来たりしていますが
ヴィクターのように減少の一途をたどるようなことはないので
それほど心配することはないそうです。

白血球を増やせる方法って(健康的な)
あるのかな~?
免疫力を付ければ自然と増えるものなのかな~?

次回は一か月後の血液検査です。
ちょっとでも回復してくれるように祈りたいですね。


ヴィクターは夕食を済ませた後は
死んだように寝ていました。


WR43nsrvMXYBSoR1490783210_1490783338.jpg
食べ終わって数分後の状態


一方、長いお留守番となったアニーは
お気に入りのぬいぐるみを加えて私に差し出し
盛んに遊びに誘う有様でした。 


fwmk9diaCch8y001490783370_1490783479.jpg
ね~ママ、これで遊ぼう~?


アニーもヴィクターも今日一日お疲れ様でした!




父の故郷を訪ねて - 2017.03.28 Tue

先週末、大阪の実家に帰省して
母と姉夫婦とともに父の故郷を訪ねてきました。


sRPq0tYjnKtStTR1490595513_1490595564.jpg
滋賀県 東近江市


ご先祖様のお墓参りを済ませた後に
古くからお世話になっているお寺でお経を唱えてもらいました。
父の遺骨、写真それに過去帳を本堂の内陣に祭っていただきましたが
外陣の方から父の写真をながめていると
まるで父が故郷に戻ってこられたことを喜んでいるかのように見えました。


父と親交の深かったご住職様と
生前の父との思い出話しをして
笑ったり、しんみりしたり・・・

優しく、穏やかに話されるご住職様と
和やかなひと時を過ごすことが出来、亡き父を偲ぶ
充実した一日を送れたと思います。


車にすっかり慣れたわらびちゃんも
今回、同行してもらいましたが
本当に良い子で一緒に入れない場所では
車の中で静かにお留守番ができていました。


ZrsxlOVUFNIQiAD1490616231_1490616328.jpg
姉の膝の上で爆睡してたわらびちゃん


わらびちゃん、お疲れだったね。


我が家のワンズは、というと
父ちゃんと、仕事の休みの日に一日だけ帰って来てくれた娘と

お る す ば ん


父ちゃんと外出先から帰宅した後
私も戻ってくるんじゃないかと
ワンズはしばらくドアの前で期待して待っていたようです。


88ulqLNrkWxLpSI1490594175_1490594201.jpg
きっとママも入ってくるんじゃない?
photo by H.



もう~~~~~~
かわいい過ぎじゃないですか!!! 


お留守番でワンズの世話をしてくれた父ちゃんと娘
そして寂しかったであろうアニー&ヴィクター

みんなの協力に感謝です。 



母の気持ちの整理がつくまで
まだしばらくかかると思いますが
父の納骨は気候の良い時期に出来ればいいな。

急かさずじっくり待ちたいと思います。




HAPPY BIRTHDAY ANNIE (^^♪ - 2017.03.22 Wed

Pn3q3m6KPUv8jF61490151709_1490151724.jpg



今日はアニーの12歳のお誕生日! 

今日の日までずっと私のそばにいてくれたことに感謝の気持ちで一杯です。
これからも元気で、ともに一日一日を楽しく過ごせていけるよう
強く願っています。


愛おしい愛おしいアニー

本当におめでとう!


ワンズに費やす時間 - 2017.03.21 Tue

穏やかに晴れた3連休でしたが
父ちゃんを除いては
みな、至ってのんびりと過ごせた毎日でした。


13_kZnQ_2q6CVTw1490054720_1490054745.jpg
冬の衣類はもう必要ないね



リビング~キッチンに敷き詰めた
汚れていたマットを洗ったり
ワンズの冬コートや服を洗ったり
ふだん、手を付ける気持ちが起こらないことにも
やる気が沸き起こった私でした。 

それって
やっぱり身体が春を感じてアクティブに活動しようと
しているからなのかなぁ~?

ははっ  いつまで続くことか・・・  


父ちゃんが休みの日はアニー&ヴィクターはそれぞれ
女の子(オバサン?)チームと男の子(オッサン?)チームに分かれて
散歩に出かけるので
アニーは実に自由気ままに臭いをかいだり
おやつを食べたりと
とってものんびりゆったりと牛歩ペースで
私との散歩を楽しむ事が出来るのですね。



Pq8SoIBeC2dKlN61490054927_1490055019.jpg
ゆっくりゆっくりで良いよ


F8cnSR1sAuSbSAK1490055078_1490055185.jpg
ふふ、ママと二人きりは楽しいね!



スローペースでご機嫌なアニーとは対照的なヴィクターは
何度も私とアニーの方を振り返りながら
しぶしぶ父ちゃんに引っ張られながら
別コースへ去っていくのです。


khM_81x36q0JUlv1490075154_1490075555 (1)
そこまで父ちゃんの事嫌がらなくてもいいんじゃない?


ヴィクターにとって週末や祝日は
実は面白くない日なのかもしれないけど
毎日、ヴィクターの散歩に費やしている時間の方が
はるかに多いんだから我慢がまん!

アニーと一対一の散歩が出来る
とっても貴重な時間なんだから・・・ 
大切にして行かなきゃね。


**********     **********     **********     


話変わりますが
ちょっと面白い発見がありました。

先日、娘にヴィクターによく似ている犬をみつけたと。

それがこれ


Z5cK91Tfye05Po31490096690_1490096861.png


似てるでしょう?

「フランダースの犬」のモデルとなったブービエ・デ・フランダースと言う犬種。
このような色合いでいるとは知らなかったのですが
なんだか若いころのヴィクターに似ていて思わず笑ってしまいました。

若いころはヴィクターのマズル周りが濡れると黒っぽくなって
泥棒フェースになっていましたが
そんな泥棒フェースの頃のヴィクターによく似ていて
ちょっと驚きです。


こんな珍しい犬種の血統がヴィクターに入っているなんて
あり得ないのですが
ここまで似ていると
ちょっぴり身近な犬種に感じるね。 




思い出し泣き - 2017.03.14 Tue

昨日、ヴィクターと夕方の散歩の時
マルチーズ風のミックス犬を連れた奥様に出会いました。
以前、シーズーのようなテリア風のワンコを連れておられた方で、
久しぶりにお会いしたのです。

連れておられたワンコが変わっていたので
どうしたのかと尋ねた途端

一気に泣かれてしまいました。 

以前飼われていたワンコは
17歳で亡くなって、もう直ぐ一年近くになるとか。。。

そのワンコは毛色と雰囲気がどことなくヴィクターに似ていて、
その奥様はヴィクターの事をとても気に入って下さっていました。
それがこの一年近く、ペットロスが酷くて
家から出られなかったと話され
そのワンコの事を何気に尋ねたことを申し訳なく感じました。



NWuw21qi1XEGhN_1489457024_1489457170.jpg
ボク悪いことしたのかな?


軽く尋ねてしまったことを後悔し
何度も謝ったのですがしばらく奥様の涙は止まりませんでした。 

ヴィクターを見た途端に生前の頃のワンコを思い出してしまい
悲しみと寂しさが抑えられなかったのでしょうね。

新たなワンコを家族に迎え
最近ようやく外に出られるようになったようですが
亡くなったワンコの事を「私の全てでした」と話されていた言葉が
今でも頭から離れません。

ペットロス

誰しも共に生きて来た大切な愛犬を亡くした時
陥ってしまうことかもしれないが
私自身、アニーやヴィクターの時どうなるか・・・

なんとなく想像はしますが
実際その状況になった時
想像を超える心境になるのではないかと
末恐ろしいです。


その奥様のもとに来た新たなワンコはまだ若そうで
元気いっぱいの人懐こい保護犬だったので
徐々に奥様の心の傷も癒えてくるのではないかと
期待したいですね。


hhg0DVIrcLc3m_T1489458157_1489458321.jpg
先の事はあまりくよくよ考えないでね、ママ








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

anvicママ

Author:anvicママ
埼玉県在住の関西人

WANSの紹介

ANNIE    2005年3月22日生まれ 英国系ラブラドールレトリバー 穏やかでとっても優しい エンジェルのような存在      VICTOR       埼玉県栗橋多頭飼い崩壊現場からやって来たミックス犬  年齢、犬種不詳  家族になった2009年9月4日を1歳の誕生日に決める  ナイーブで猫のような気まぐれBOYで笑いを提供してくれる存在

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

里親募集

いつでも里親募集中

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示